玉木正之公式WEBサイト「カメラータ・ディ・タマキ」
表示文字サイズ選択:
標準
拡大
月2回/水曜日更新(19.11.06更新)
都合により更新の遅れることもあります。
NOBORDER-SPORTS
仏壇
鮨處 もり山
ホームページ制作【京都 東京】 SEO対策、ホームページ制作のbit-ビット
玉木正之公式WEBサイト「カメラータ・ディ・タマキ」 玉木正之公式WEBサイト「カメラータ・ディ・タマキ」
ナンヤラカンヤラ  ※このコーナーは随時更新

玉木正之蔵出し新着コラム

2019-11-06 タマキの蔵出しコラム「スポーツ編」 RE-NEW!!
東京五輪マラソン競歩札幌移転/猛暑対策? 何を今さら!
この原稿は『北國新聞』2019年10月25日付夕刊の月イチ連載『スポーツを考える』第45回に書いたものです。IOCの主張というのは契約的には正しいのでしょうが、その高飛車な態度には閉口するほかないですね。おまけに調整委員会のジョン・コーツ委員長は、かつてシドニー五輪招致の際に、開催地を決める投票の前日になってケニア人とウガンダ人のIOC委員に7万ドルを送金して、招致を勝ち取ったらしいです(ジュールズ・ボルコフ著『オリンピック秘史120年の利権と覇権』早川書房より)。まぁ東京もナンヤラカンヤラとやったみたいですから……。しかしオリンピックはスポーツの瞬間以外は腐ってますねえ……と思いながら(少し加筆して)“蔵出し”します。
【記事全文を表示】

2019-09-18 タマキの蔵出しコラム「音楽編」
オペラは観客を酔わせる芸術! 泣かせる芸術! さぁ、オペラを観て泣きましょう!
この原稿(というか紹介文)は、名古屋の栄中日文化センターで、1998年以来20年以上にわ たって続けている『玉木正之のオペラ入門・解説講座』の今年(2019年)の9月からのスケジュールと内容です。原点回帰…というか、思い切り理屈抜きでオペラを楽しもうと、有名な「泣ける」作品ばかりを集めてみました。オペラというモノは、そーゆーモノ(感激して涙を流したり、大笑いしたりするモノ)ですからね。では、何故オペラで泣けるのか? 実際に『椿姫』や『ラ・ボエーム』で涙を流したことのある小生が、その理由を解説します。ナゴヤ近郊の方は、どうぞふるってご参加ください…と宣伝の意味をこめて“蔵出し”します。
【記事全文を表示】

2019-07-30 タマキの蔵出しコラム「ノンジャンル編」
東京五輪の遺産(レガシー)はなにか? スポーツの根源問う好機に
この原稿は、日本経済新聞朝刊2019年7月13日付書評欄『今を読み解く』に書いたものです。東京五輪開幕1年前となり、観戦チケットの抽選や聖火リレーのランナーの募集、交通規制や暑さ対策の問題、さらに五輪出場選手の内定……など話題になってます。が、最も大きな問題=オリンピックの遺産(レガシー)について、マスメディアで(とりわけテレビ等で)取りあげられるケースは少ないようです。そこで日経文化部書評担当編集者の執筆依頼を喜んで引き受け、こんなコラムを書いてみました。それを、スポーツだけにとどまらない内容として、ノンジャンル編として"蔵出し"します。御一読ください。
【記事全文を表示】
▲PAGE TOP
  ../nanyara.shtml
ナンデモカンデモ
Blu-ray
『ウィンストン・チャーチル ヒトラーから世界を救った男』
『ウィンストン・チャーチル ヒトラーから世界を救った男』
最後がアメリカンハリウッド映画的すぎる?ノーベル文学賞も取った首相が好戦的すぎる?まぁ敵がヒトラーだから仕方ないか?
BOOK
平尾剛・監修/たけなみゆうこ・絵『たのしいうんどう』(朝日新聞出版)
平尾剛・監修/たけなみゆうこ・絵『たのしいうんどう』(朝日新聞出版)
これはなかなかヴォリュームのある素晴らしい本です。孫にも絶対に勧めよう!
内田樹・平尾剛『ぼくらの身体修行論』(朝日文庫)
内田樹・平尾剛『ぼくらの身体修行論』(朝日文庫)
武道vsラグビーの身体論&修行論。対談本ですが赤線を引くところ満載です
【以上、ナンカン11/3】
BOOK
ジュールズ・ボイコフ『オリンピック秘史120年の覇権と利権』(早川書房)
ジュールズ・ボイコフ『オリンピック秘史120年の覇権と利権』(早川書房)
ジョン・コーツが「賄賂」でアフリカIOC委員2名を動かしシドニー五輪を実現させたことも書いてあります
【ナンカン10/31】
DVD
『8月の濡れた砂』
『8月の濡れた砂』
藤田敏八監督の記念碑的青春映画。青春とは不潔なものと言ったのは吉本隆明。夏の甲子園もそんなモノかも。
BOOK
『プロ野球大事典』(新潮文庫)
『プロ野球大事典』(新潮文庫)
小生の実質的デビュー作。パロディ満載だけどよく売れました。我ながら良く書きましたね
【ナンカン10/30】
BOOK
『映画パンフレット「蝶々夫人」監督/カルミネ・ガローネ・出演/八千草薫』
『映画パンフレット「蝶々夫人」監督/カルミネ・ガローネ・出演/八千草薫』
うわっ。こんなんがあるねんなぁ。表紙見るだけで感激!
『蝶々夫人MADAMA BUTTERFLY - DVD決定盤オペラ名作鑑賞シリーズ 8』(世界文化社)
『蝶々夫人MADAMA BUTTERFLY - DVD決定盤オペラ名作鑑賞シリーズ 8』(世界文化社)
永竹由幸さん編集のこのシリーズに八千草薫さん主演タカラ・ジェンヌ総出演の素晴らしいイタリア・オペラ映画が入ってます
【以上、ナンカン10/28】
Laser Disc
ヴェルディ『オテロ』
ヴェルディ『オテロ』
このドミンゴ主演ゼッフィレッリ監督のオペラ映画も素晴らしい!DVDは出てないようですね。
DVD
ヴェルディ『椿姫』
ヴェルディ『椿姫』
フランコ・ゼッフィレッリ監督の素晴らしいオペラ映画。主演はストラータス。映像が音楽に負けないほど美しい!
【以上、ナンカン10/26】
DVD
『レイジング・ブル』
『レイジング・ブル』
涙も出ないくらい哀しい男の映画ですね。監督スコセッシも主役デニーロも素晴らしい!
『J.S.バッハ:ゴールドベルク変奏曲』
『J.S.バッハ:ゴールドベルク変奏曲』
グールドの驚異の演奏と映像。私もエッセイのような解説を書いてます。
CD
『Bach:The Well-Tempered Clavier, Books I & II』
『Bach:The Well-Tempered Clavier, Books I & II』
グールドのバッハ平均律クラヴィア集。これも何度聴いて何度舌を巻いたか不明ですね。この演奏の奥には『草枕』があった?
【以上、ナンカン10/25】
BOOK
ガルシア・マルケス『百年の孤独』(新潮社)
ガルシア・マルケス『百年の孤独』(新潮社)
『鮨処もり山』の大将から麦焼酎百年の孤独をもらった瞬間コレも読み直したくなりました。本は再読の歳になったのかな
【ナンカン10/21】
BOOK
筒井康隆『老人の美学』(新潮新書)
筒井康隆『老人の美学』(新潮新書)
巨匠の大先生も齢85歳を迎えられたのですね。最後の最後まで本気で笑わせてくださいます
【ナンカン10/19】
BOOK
『近現代詩歌 池澤夏樹=個人編集 日本文学全集』(河出書房新社)
『近現代詩歌 池澤夏樹=個人編集 日本文学全集』(河出書房新社)
「原発数ふひいふうみいよう」の凄い三十一文字はこの本で知りました
【ナンカン10/18】
BOOK
『草枕(英文版)The Three-Cornred World』(チャールズ・イ・タトル出版)
『草枕(英文版)The Three-Cornred World』(チャールズ・イ・タトル出版)
訳はアラン・ターニーさん。絶対買います。読みます!
【ナンカン10/14,22】
BOOK
夏目漱石『草枕』(新潮文庫)
夏目漱石『草枕』(新潮文庫)
これはホント何度読み直しても新たな発見のある面白さ抜群の名作ですね。グールドが座右の処置したのも納得
【ナンカン10/14,18,19】
BOOK
虫明亜呂無『肉体への憎しみ』(ちくま文庫)
虫明亜呂無『肉体への憎しみ』(ちくま文庫)
単行本全3巻では表裏表紙で和田誠さんの色鉛筆イラストが味わえます。本欄下の小生の小説の装丁も和田誠さんです。合掌
【ナンカン10/11】
BOOK
山本常朝『葉隠』(岩波文庫)
山本常朝『葉隠』(岩波文庫)
正直言って、あまり面白い本ではありません。退屈する部分が多すぎますね。
新渡戸稲造『武士道』(岩波文庫)
新渡戸稲造『武士道』(岩波文庫)
これはメチャメチャ面白い、いろんな意味で読み応えのある名著です。
宮本武蔵『五輪書』(岩波文庫)
宮本武蔵『五輪書』(岩波文庫)
これは読みようによってはメッチャ面白い一冊です。
DVD
『勧進帳』
『勧進帳』
武士の心―武士道を理解するには新渡戸の書いてる「寺子屋」よりこちらをオススメですね。
『歌舞伎名作撰 菅原伝授手習鑑 寺子屋』
『歌舞伎名作撰 菅原伝授手習鑑 寺子屋』
新渡戸稲造は『武士道』でこのこの語りを聖書のアブラハムと較べて詳しく分析しています。少々難解?
【以上、ナンカン10/4,5,6】
Blu-ray
『Woman in the Dunes(砂の女)』
『Woman in the Dunes(砂の女)』
天才ピアニストのグレン・グールドは安部公房原作のこの映画を100回以上観たそうです。俺は3〜4回かな?
【ナンカン10/4】
Blu-ray
『カルメン』
『カルメン』
ジュリア・ミゲネス&ドミンゴ&ライモンディ。マゼール指揮パリ管。フランチェスコ・ロージー監督オペラ映画の最高傑作!
DVD
ビゼー:オペラ『カルメン』
ビゼー:オペラ『カルメン』
アンネ・ゾフィー・フォン・オッターのカルメンはサスガです
【以上、ナンカン10/3】
BOOK
『漱石とグールド―八人の「草枕」協奏曲』
『漱石とグールド―八人の「草枕」協奏曲』(朔北社)
読み始めました。グールドが草枕ファンと言うだけで笑顔で納得!
【ナンカン9/29、10/10】
BOOK
筒井康隆『ダンシング・ヴァニティ』(新潮文庫)
筒井康隆『ダンシング・ヴァニティ』(新潮文庫)
これを大傑作と呼ばずにナント呼ぼうか!?ミュージカルもCD化してほしいなぁ
【以上、ナンカン9/29】
Blu-ray
ワーグナー『トリスタンとイゾルデ』
ワーグナー『トリスタンとイゾルデ』
演奏会形式のこの演奏は鳥肌モノの凄い演奏です。
DVD
『マーラー:交響曲第7・8番』
マーラー:交響曲第7・8番』
千人の交響曲と呼ばれる作品をバーンスタインは全身全霊を込めて指揮してます。
『ベートーヴェン交響曲第1・8・9番』
『ベートーヴェン交響曲第1・8・9番』
演奏も凄いけどバーンスタインの解説も凄い!9番では平和について語っています
【以上、ナンカン9/28】
BOOK
西川照子『京都異界紀行』(講談社現代新書)
西川照子『京都異界紀行』(講談社現代新書)
小生が子供の頃草野球を楽しんだ建仁寺も小生の檀家寺の珍皇寺も登場します。異界が近くにあるのは嬉しい!
DVD
プッチーニ:オペラ『トスカ』
プッチーニ:オペラ『トスカ』
ワーグナー向きのカウフマン。綺麗すぎる歌のマギー。優しすぎる声のハンプソン。中途半端なカーセンの演出。う〜ん残念!
【以上、ナンカン9/25、27】
Blu-ray
『パリ・デビュー1958〜歌に生き、恋に生き』
『パリ・デビュー1958〜歌に生き、恋に生き』
パリ・オペラ座のトスカ第2幕。こっちのカラスとゴッビも凄い!
『マリア・カラス/ドキュメンタリー〜音楽の奇跡のようなひと時/プッチーニ「トスカ」第2幕』
『マリア・カラス/ドキュメンタリー〜音楽の奇跡のようなひと時/プッチーニ「トスカ」第2幕』
1964年コヴェントガーデン。カラスも凄いけどティト・ゴッビのスカルピアも一世一代空前絶後の名演です
【以上、ナンカン9/24】
BOOK
L.バーンスタイン×E.カスティリオーネ『バーンスタイン音楽を生きる』(青土社)
L.バーンスタイン×E.カスティリオーネ『バーンスタイン音楽を生きる』(青土社)
バーンスタインの素晴らしい言葉の数々に触れることの出来る本ですが酷い翻訳に御注意
【ナンカン9/23、24】
BOOK
横田庄一郎『「草枕」変奏曲 夏目漱石とグレン・グールド』(青土社)
【ナンカン9/22、28、30、10/1、2、3、4、6】
DVD
『枝雀十八番』
『枝雀十八番』
「おっちゃん、そこ退いてえな」「あっ。猫が話す!ケッタイナ猫やなあ」「おっちゃん、何をニャアニャア言うてんの?」枝雀は凄い!
BOOK
施耐庵『水滸伝―まんがで読破』(イースト・プレス)
施耐庵『水滸伝―まんがで読破』(イースト・プレス)
国家に楯突くのは中国の伝統?ならば香港も台湾もガンバレ!
筒井康隆『俗物図鑑』(新潮文庫)
筒井康隆『俗物図鑑』(新潮文庫)
「吐しゃ物鑑定」「口臭鑑定」「宴会」「月経評論」「皮膚病」「性病」「薬物」「痰壺」「自殺願望」等々が「プロダクション梁山泊」を結成。筒井先生のケッサク水滸伝!
【以上、ナンカン9/21】
BOOK
ジェイムズ・ジョイス『まんがで読破ユリシーズ』(イースト・プレス)
ジェイムズ・ジョイス『まんがで読破ユリシーズ』(イースト・プレス)
これって青春小説なんですね?
ジェイムズ・ジョイス『ユリシーズ』(新潮文庫)
ジェイムズ・ジョイス『ユリシーズ』(新潮文庫)
丸谷才一先生の訳本を読まねば!
【以上、ナンカン9/19・20】
CD
『ブラームス:ピアノ協奏曲第1番』
『ブラームス:ピアノ協奏曲第1番』
グールドのピアノ演奏の前に指揮者のバーンスタインがWhich is a boss?と異論を唱えた演奏会。しかし素晴らしい演奏として結実しています。
DVD
ヤナーチェク:オペラ『死者の家から』
ヤナーチェク:オペラ『死者の家から』
久しぶりに見て凄いオペラだと気づきました。ブーレーズの指揮とシェローの演出が凄いのかな?
ワーグナー:楽劇『ニーベルンクの指環』
ワーグナー:楽劇『ニーベルンクの指環』
指揮ブーレーズ&演出シェロー。1980年バイロイト100周年記念上演は世界に大ショックを与えましたね
【以上、ナンカン9/19】
DVD
ダニエル・E・リーバーマン『人体600万年史─科学が明かす進化・健康・疾病(下)』(ハヤカワ・ノンフィクション文庫)
ダニエル・E・リーバーマン『人体600万年史─科学が明かす進化・健康・疾病(下)』(ハヤカワ・ノンフィクション文庫)
『ホモ・デウス』よりオモシロクてタメになりました
【ナンカン9/10,11,12,13,14,15,16,17,18】
DVD
『キャンディード全曲』
『キャンディード全曲』
作曲者バーンスタイン自身指揮ロンドン響の映像は素晴らしい内容です!
【ナンカン9/18】
DVD
池井戸潤『ノーサイド・ゲーム』
池井戸潤『ノーサイド・ゲーム』
TVドラマは(私には)イマイチ。原作を読んでみます
【ナンカン9/15】
Blu-ray
『ONCEダブリンの街角で』
『ONCEダブリンの街角で』
イイ映画ですけど優しすぎるかな?それがダブリン(アイルランド)の特徴か?
【ナンカン9/15】
BOOK
ロバート・ホワイティング著/玉木正之・訳『ふたつのオリンピック東京1964/2020』(KADOKAWA)
ロバート・ホワイティング著/玉木正之・訳『ふたつのオリンピック東京1964/2020』(KADOKAWA)
2400円と少々値段が高いですが全編約600頁。面白さは保証します(訳者)
ナベツネの家庭教師もした著者が東京で過ごした半世紀を回顧。ヤクザとの出逢い女子大生との失恋…波瀾万丈の東京物語。是非とも買って読んでください!
BOOK
拙著『京都祇園遁走曲』(文藝春秋)
拙著『京都祇園遁走曲』(文藝春秋)
まだ読んでない人はアマゾンで1円で買えるそうですから読んでね
【ナンカン4/24】
BOOK
『大相撲「八百長批判」を嗤う』(飛鳥新社)
『大相撲「八百長批判」を嗤う』(飛鳥新社)
八百長が騒がれた時期(2011年6月)に緊急出版した本です。宮崎学(作家)根岸敦生(朝日新聞記者/元相撲担当)鵜飼克郎(週刊ポスト記者)荒井太郎(相撲ジャーナリスト)らと相撲の本質論を語ってます。
BOOK
『野球アンソロジー9回裏2死満塁 素晴らしき日本野球』(新潮文庫)
『野球アンソロジー9回裏2死満塁 素晴らしき日本野球』(新潮文庫)
大好評発売中。正岡子規、夏目漱石、埴谷雄高、大下弘、桑田真澄、伊集院静…などが並んでます。買ってください!読んでください!
『彼らの奇蹟:傑作スポーツアンソロジー』(新潮文庫)
『彼らの奇蹟:傑作スポーツアンソロジー』(新潮文庫)
三島由紀夫、澁澤龍彦、小林秀雄、石原慎太郎、大江健三郎、沢木耕太郎、村上春樹…などが並んでます。こちらもよろしく。
『スポーツとは何か』(講談社現代新書)
『スポーツとは何か』(講談社現代新書)
「運動会」の文章は中学3年国語の教科書に採用され、他の文章も、今も大学や高校の入試や予備校の模試によく使われています。
『スポーツ解体新書』(朝日文庫)
『スポーツ解体新書』(朝日文庫)
これも大学入試の論文問題によく使われます。文庫版解説の文章は乙武洋匡さんです。
『続スポーツ解体新書』(Zaiten books)
『続スポーツ解体新書』(Zaiten books)
もっと著書の宣伝をしなさいよ…と友人に言われたので…
【以上、スポーツ本の拙著の宣伝でした】
『図説・指揮者列伝 世界の指揮者100人』(河出書房新社ふくろうの本)
『図説・指揮者列伝 世界の指揮者100人』(河出書房新社ふくろうの本)
平林直哉さんとの共著です。
『クラシック道場入門』(小学館)
『クラシック道場入門』(小学館)
中古ならあるようです。20年前に上梓した音楽本です。
『オペラ道場入門』(小学館)
『オペラ道場入門』(小学館)
クラシック…の本は5刷増刷。さらに面白くと出したオペラの本は増刷ナシ。やはり日本ではオペラはマダマダ…なのかな。以上、音楽関係拙著の宣伝でした。
タマキのナンデモカンデモごちゃまぜ総集編
タマキのナンデモカンデモごちゃまぜ総集編
▲PAGE TOP


since 2003 nov.
Copyright (C) 2003-2011 tamakimasayuki.com. All Rights Reserved. Produced by 玉木正之HP制作委員会. ホームページ作成/WEBサイト制作 bit.