玉木正之公式WEBサイト「カメラータ・ディ・タマキ」
表示文字サイズ選択:
標準
拡大
月2回/水曜日更新(20.09.02更新)
都合により更新の遅れることもあります。
NOBORDER-SPORTS
仏壇
鮨處 もり山
ホームページ制作【京都 東京】 SEO対策、ホームページ制作のbit-ビット
玉木正之公式WEBサイト「カメラータ・ディ・タマキ」 玉木正之公式WEBサイト「カメラータ・ディ・タマキ」
ナンヤラカンヤラ  ※このコーナーは随時更新

玉木正之蔵出し新着コラム

2020-09-02 タマキの蔵出しコラム「スポーツ編」 RE-NEW!!
「日本のスポーツは軍隊的」部活の体罰が消えない理由
この原稿は、北國新聞2020年8月28日夕刊の月イチ連載「スポーツを考える」第55回に掲載されたものです。どれだけマスコミが批判的に取りあげても、繰り返し非難しても、全然なくならない日本のスポーツ界の「体罰」や「暴力」。そして「パワハラ」「セクハラ」「モラハラ」などなど…。その根源にあるのは「軍隊的」な体質だと国際的人権NGOは指摘しましたが、何が「軍隊的」なのか? それをきちんと理解している日本人は少ないのでは…?という疑問とともに“蔵出し”します。皆さんも考えてみてください。
【記事全文を表示】

2020-03-20 タマキの蔵出しコラム「音楽編」
玉木正之の「オペラ入門・解説講座」
悲しい恋の青春群像!青春のオペラ『ラ・ボエーム』の魅力を満喫しましょう!
この原稿は、名古屋の中日文化センターで、4月から新たに始める小生のオペラ講座の内容です。今回は、西宮市にある兵庫県立芸術文化センターの毎年夏恒例・佐渡裕芸術監督プロデュース・オペラ2020(7/24?8/2)歌劇『ラ・ボエーム』の鑑賞ツアー(8月1日)と連動し、3回に限って講座を設けました。名古屋近郊の方は(そうでない方も!)ふるってご参加下さい…という気持ちを込めて“蔵出し”します。尚『佐渡裕芸術監督プロデュース・オペラ2020兵庫県立芸術文化センター開館15周年記念事業 歌劇ラ・ボエーム』のホームページはこちらです。→ http://www.gcenter-hyogo.jp/boheme/
【記事全文を表示】

2020-07-22 タマキの蔵出しコラム「ノンジャンル編」
スポーツそのものを描いた小説〜ヘミングウェイ『老人の海』の凄さ、素晴らしさ!
この原稿は、春陽堂書店のホームページが提供している『Web 新小説』の連載『スポーツは文芸をどのように彩ってきたか?』の第1回(6月号)に書いたものです。『Web 新小説』は、小生の原稿のほかに、谷川俊太郎さん、町田康さん、黛まどかさん。黒川創さんなど、今をときめく詩人、作家、写真家、歌人などの文芸コンテンツが、パソコン、スマートフォン、タブレットで、いつでもどこでも読むことができます。毎月更新されていて月額1,000円。小生の連載は既に第2回(7月号)『運動大好き(アスレティシャン)の正岡子規と運動嫌い(エスティシャン)の夏目漱石』、第3回(8月号)『ボクシングを利用した石原慎太郎(太陽の季節)と、利用できなかった三島由紀夫(裸体と衣裳)』という原稿が公開されています。有料コンテンツなので、ここですべてを“蔵出し”することはできませんが、一部を“蔵出し”しますので、あとは春陽堂書店の『Web 新小説』の会員になって、読んでください。よろしく! あ!!『Web 新小説』の会員になると、小生のビデオ一人語り週刊連載『WEEKLY スポーツ萬歳』も見ることができます。野球や、登山や、オリンピックなど、既に第10回くらいまで進んでいます。こちらもよろしく!
【記事全文を表示】
▲PAGE TOP
  ../nanyara.shtml
ナンデモカンデモ
Blu-ray
『フィールド・オブ・ドリームズ』
『フィールド・オブ・ドリームズ』
野球映画の最高峰。試写会で大先輩の佐瀬稔さんが大声で泣いていました。もちろん私も。
DVD
『さよならゲーム』
『さよならゲーム』
大好きな映画!「スポーツは恋愛に似ている」という虫明亜呂無氏の言葉が思い出される。監督は元マイナーの野球選手で素晴らしいゴルフ映画も撮ってますね。
Blu-ray
『ナチュラル』
『ナチュラル』
ベースボールの美しさ&野球場の美しさが描かれている映画。だから人生の醜悪さも際立つのですが美しいものはイイですね
【以上ナンカン8/31】
『用心棒』
『用心棒』
超娯楽大作とはこの映画のことですね。カメラワーク・編集・音楽と効果音・脚本…映画の魅力満載ですね
【ナンカン8/29】
DVD
ムソルグスキー:オペラ『ボリス・ゴドゥノフ』
ムソルグスキー:オペラ『ボリス・ゴドゥノフ』
ケント・ナガノ指揮バイエルン国立歌劇場の素晴らしい演奏。舞台には安倍晋三首相も登場してます!?
Blu-ray
ワーグナー:オペラ『恋愛禁制』
ワーグナー:オペラ『恋愛禁制』
ワーグナー初期の珍しい喜劇オペラ。恋愛を禁止された町をドイツのメルケル首相が救います!?
【以上ナンカン8/28】
『突撃』
『突撃』
キューブリック監督の初期作品(1957年)。第一次大戦の軍隊の不条理。上官の貴族趣味と前線兵士の悲劇。『フルメタル・ジャケット』にもつながるかな。
『フルメタル・ジャケット』
『フルメタル・ジャケット』
ヴェトナム戦争の凄惨と悲惨。最後の「ミッキーマウスの歌」を歌いながらの行進は怖いですね。
【以上ナンカン8/27】
DVD
『遠すぎた橋』
『遠すぎた橋』
R・オリヴィエ、S・コネリー、G・ハックマン、A・ホプキンス、R・レッドフォード…スター総出でR・アッテンボロー監督も一流。でも映画としてはイマイチです
【ナンカン8/26】
BOOK
『御伽草子(上)』岩波文庫
『御伽草子(上)』岩波文庫
義経が蝦夷の航途中に馬の国や小人の国へ。ガリヴァー旅行記の300年前に書かれた「御曹司島渡」はスゴイ!
【ナンカン8/26,27】
高島航『国家とスポーツ 岡部平太と満洲の夢』KADOKAWA
高島航『国家とスポーツ 岡部平太と満洲の夢』KADOKAWA
こういう人物を「素晴らしき破天荒」と呼ぶのでしょう。
木村元彦『13坪の本屋の奇跡「闘い、そしてつながる」隆祥館書店の70年』ころから株式会社
木村元彦『13坪の本屋の奇跡「闘い、そしてつながる」隆祥館書店の70年』ころから株式会社
まだ読んでません。読んで行きます。隆祥館書店
【以上ナンカン8/24】
DVD
『歌舞伎名作撰 一谷嫩軍記 熊谷陣屋』
『歌舞伎名作撰 一谷嫩軍記 熊谷陣屋』
熊谷直実の名台詞「十六年はひと昔」。ホント、そうですね。
清武英利『サラリーマン球団社長』文藝春秋
清武英利『サラリーマン球団社長』文藝春秋
阪神タイガースと広島カープで活躍した二人の球団社長。苦労して「知識」が「経験」を打ち負かす痛快実話です。
MOVIE
池辺晋一郎『ハミングの終息―混声合唱のために』
池辺晋一郎『ハミングの終息―混声合唱のために』
究極のコロナ対策合唱曲。ハミング。素晴らしい楽曲ですね。
【以上ナンカン8/23】
DVD
『バーンスタイン/ハイドン:交響曲第88番「V字」ハイドン:協奏交響曲』
『バーンスタイン/ハイドン:交響曲第88番「V字」ハイドン:協奏交響曲』
腕組みしたまま眼と顔の表情だけでウィーン・フィルから音を引き出すバーンスタインの指揮は見ものです。
ヴェルディ;オペラ『オテッロ』
ヴェルディ;オペラ『オテッロ』
指揮棒を振ると同時にオーケストラから音を引き出すクライバーの指揮はサスガです
【以上ナンカン8/21】
『ハンナ・アーレント』
『ハンナ・アーレント』
ユダヤ人虐殺犯アイヒマンの裁判を傍聴して普通の人の怖さを世界に歌えた女性哲学者を描いた素晴らしい映画です
【ナンカン8/18】
BOOK
『紀元2600年の満州リーグ―帝国日本とプロ野球』岩波書店
『紀元2600年の満州リーグ―帝国日本とプロ野球』岩波書店
プロ野球は学生野球の人気過剰によるプロ化防止で始まった。これぞプロ野球の正史です
【ナンカン8/16,18,20】
DVD
『都はるみ大文字送り火コンサート』
『都はるみ大文字送り火コンサート』
こんなに素晴らしいコンサートはそうあるものではありません。はるみさん、どーしてるのかな?
(ナンカン8/16)
リヒャルト・シュトラウス『ばらの騎士』
リヒャルト・シュトラウス『ばらの騎士』
素晴らしい超一流の舞台!でも同じ年に発売された都はるみさんのDVDに次いで小生は2位にしました
【ナンカン8/16,21】
『ムッソリーニとお茶を』
『ムッソリーニとお茶を』
少年時代のゼッフィレッリの自伝のような映画ですね。
Blu-ray
『帰ってきたヒトラー』
『帰ってきたヒトラー』
本当に現代に甦ったヒトラーをドキュメンタリー・タッチのコメディで見事に描いた映画です
【以上ナンカン8/15】
DVD
『史上最大の作戦』
『史上最大の作戦』
戦争映画の傑作と言えるでしょうね。J・ウェインが少々目立ちすぎですが…
【ナンカン8/13】
『連合艦隊司令長官山本五十六』
『連合艦隊司令長官山本五十六』
三船敏郎が演じてます。最後はどう考えても自殺ですよね。ちょっとズルイ
【ナンカン8/12】
Blu-ray
『イージー・ライダー』
『イージー・ライダー』
自由を主張するのは許されるが自由に生きるのは嫌がられる。それで主人公2人は殺されますね。
DVD
『JFK』
『JFK』
オリヴァ・ストーン監督描くケネディ暗殺の真実。この映画も面白いけど新事実が続出した今、リメイク第2弾は生まれるのか?
『ニクソン』
『ニクソン』
ストーン監督米大統領3部作中最高傑作だと思います。A・ホプキンスの演じるニクソンも名演です。辞任を決意したあとの祈りは小物大統領の悲哀に満ちてますね。
『ブッシュ』
『ブッシュ』
ニクソン以下の小物。さらに小物の大統領が出るとは思いませんでした
【以上ナンカン8/11】
Blu-ray
『日本沈没』
『日本沈没』
小松左京さんが日本人に問いかけた日本とは何か?本当は小説も映画も続編がほしいですね。
DVD
『日本以外全部沈没』
『日本以外全部沈没』
筒井康隆大先生のメッチャ面白いパロディ。これも日本の現在を考えるうえではマジなてーまです
(以上ナンカン8/10)
Blu-ray
『連合艦隊』
『連合艦隊』
アメリカとの国力比20対1のなかでアナクロ戦艦大和・武蔵の大艦巨砲主義。おまけに幹部の派閥争い。それに較べて庶民の健気なこと。
BOOK
保阪正康『近現代史からの警告』講談社現代新書
保阪正康『近現代史からの警告』講談社現代新書
未来を考えるには過去を知るべし。とりわけ「日本の近現代史」を知る必要がありますね。
刈屋富士雄『今こそ栄光への架け橋を それでもオリンピックは素晴らしい』海竜社
刈屋富士雄『今こそ栄光への架け橋を それでもオリンピックは素晴らしい』海竜社
はたして「それでも…すばらしい」と言えるのか?みんなで考えましょう!
DVD
『兵隊やくざ』
『兵隊やくざ』
勝新の魅力満載の反戦娯楽映画。しかし帝国陸軍とはどーしょーもない暴力組織だったんですね。その末裔が日本の体育会系か?
『激闘の昭和史 軍閥』
『激闘の昭和史 軍閥』
二二六事件から原爆投下までの日本の現代史を映画化。愚昧な宰相が国を滅ぼす。今こそ見るべき映画。新聞記者の闘いをもっと描いてほしかった。
『激闘の昭和史 沖縄決戦』
『激闘の昭和史 沖縄決戦』
凄惨極まる悲劇の全てを描くことなど不可能だが岡本喜八監督のこの名作は可成りをやり遂げた。みんな見るべし
(ナンカン8/6,7)
BOOK
アレン・グットマン『スポーツとエロス』柏書房
アレン・グットマン『スポーツとエロス』柏書房
何度も読み直す価値ある名作です
(ナンカン8/3,7)
DVD
『猿の惑星』
『猿の惑星』
やっぱりチャールトン・ヘストン主演の第一作に尽きますね
(ナンカン8/6)
『パットン大戦車軍団』
『パットン大戦車軍団』
これは凄い映画です。ジョージ・C・スコットはスゴイ役者ですね。
『キャッチ22』
『キャッチ22』
これはまた別の意味で凄い映画です。B17の飛ぶシーンとともに戦争という愚行が滲み出てます。
BOOK
ジョーゼフ・ヘラー『キャッチ22』ハヤカワ文庫
ジョーゼフ・ヘラー『キャッチ22』ハヤカワ文庫
読んでもスゴイ。よくもマァこんなスゴイ本を映画化した物ですね
(以上ナンカン8/5)
DVD
『シャイン』
『シャイン』
チョット父親像の描き方が痛々しすぎますが最後はハッピーエンド…で良かったのかしら?
『007黄金銃を持つ男』
『007黄金銃を持つ男』
昔のジェームズ・ボンドは結構チャッチイなかで頑張ってたんですね
(以上ナンカン8/4)
BOOK
田中英光『オリンポスの果実』新潮文庫
田中英光『オリンポスの果実』新潮文庫
スポーツを題材にしてスポーツが全く描かれてない小説です
CD
『Philip Glass - The Complete Sony Recordings』
『Philip Glass - The Complete Sony Recordings』
聴いてみようかなあ…面白そうだけど…やっぱり退屈しそうだし…やぱろモーツァルトやワーグナーにするか。
Blue-ray
『Glass & Wilson: Einstein on the Beach』
『Glass & Wilson: Einstein on the Beach』
ジャケットはメッチャ面白そうですが音楽はワケがわかりません。私には…
(以上ナンカン8/2)
BOOK
かんべむさし『決戦・日本シリーズ』Kindle版
かんべむさし『決戦・日本シリーズ』Kindle版
SF小説に古さを感じてしまうとチョット辛いかも。でもオモシロイですけどね。
大江健三郎『万延元年のフットボール』講談社文芸文庫
大江健三郎『万延元年のフットボール』講談社文芸文庫
読むのはシンドイけど一所懸命勉強し直してます。高校時代は何故スラスラ読めたのだろ?ひしぎです
(以上ナンカン7/31)
DVD
『繁昌亭らいぶシリーズ1桂春之輔「ぜんざい公社」「」もう半分」「」まめだ」』
『繁昌亭らいぶシリーズ1桂春之輔「ぜんざい公社」「」もう半分」「」まめだ」』
「ぜんざい公社」で探したらコレだけ。マックのパロディも聞き直したいなぁ
(ナンカン7/30)
BOOK
田島幸三『「言語技術」が日本のサッカーを変える』光文社新書
田島幸三『「言語技術」が日本のサッカーを変える』光文社新書
言葉、言葉、言葉…ハムレットの台詞も意味を知らねばスポーツは一流になれませんね
(ナンカン7/30)
DVD
『頭上の敵機』
『頭上の敵機』
グレゴリー・ペック主演。戦争の悲惨さを描きながらアメリカ万歳。ハリウッドは怖ろしいですね
(ナンカン7/29)
BOOK
『御伽草子』岩波文庫
『御伽草子』岩波文庫
これほど面白い本だとは知りませんでした!
DVD
『ロビン・フッド』
『ロビン・フッド』
ラッセル・クロウ&ケイト・ブランシェット主演。リドリー・スコット監督の英国史映画。異国の話ですね。やっぱり
(ナンカン7/26,27,28)
Blue-ray
『荒野の七人』
『荒野の七人』
黒澤映画『七人の侍』のアメリカン西部劇版。いや縮小版?まぁ大スターが山ほど出ているので見られますけどね
(ナンカン7/25)
『グリーンマイル』
『グリーンマイル』
死刑囚のなかに出現した現代のキリストの話。スティーヴン・キング原作トム・ハンクス主演。娯楽作品として良くできてますね。
『ショーシャンクの空に』
『ショーシャンクの空に』
これもスティーヴン・キング原作。主演はモーガン・フリーマン。こっちの方が好きかな?
『シャイニング』
『シャイニング』
スティーヴン・キングはこれが一番好きですけどね
(以上ナンカン7/24)
『荒野のストレンジャー』
『荒野のストレンジャー』
「真昼の決闘」の拡大版?若きクリント・イーストウッド監督がチョット肩に力を入れすぎた?
(ナンカン7/22)
DVD
『暴走機関車』
『暴走機関車』
黒澤明原案の映画化。原題は『Runaway Train』みんな逃げて(Runawayして)ます。主演はジョン・ヴォイト。
Blu-ray
『雨に唄えば』
『雨に唄えば』
ジーン・ケリー&ドナルド・オコーナー&バート・レイノルズ。これは本当に楽しい映画ですね
(以上ナンカン7/21)
DVD
『大列車作戦』
『大列車作戦』
バート・ランカスター&ジャンヌ・モロー。ナチスからフランスの名画を守る鉄道マンたちの奮闘を描いたフランケンハイマー監督の素晴らしい反戦映画
『コンボイ』
『コンボイ』
ペキンパー監督描くアメリカン・トラック野郎映画の名作。男の子なら興奮しますね
【ナンカン7/17】
『眼下の敵』
『眼下の敵』
米海軍駆逐艦艦長ロバート・ミッチャムとナチス潜水艦Uボート艦長クルト・ユルゲンスの男の闘い。両人が戦争を否定しているところが渋い。原作は英国海軍。
Blu-ray
『ハートブレイク・リッジ勝利の戦場』
『ハートブレイク・リッジ勝利の戦場』
クリント・イーストウッドが米海兵隊の全面協力で作ったグレナダ侵攻映画。完成後米軍に否定されたところが渋い
【以上ナンカン7/15】
DVD
『ミネソタ大強盗団』
『ミネソタ大強盗団』
ベタな邦題だけど面白い西部劇。南北戦争直後のベースボール・シーンはチョイと見もの
【ナンカン7/14&15】
BOOK
拙著『今こそ「スポーツとは何か?」を考えてみよう!』(春陽堂書店)
拙著『今こそ「スポーツとは何か?」を考えてみよう!』(春陽堂書店)
クリックするとRakutenブックスへ跳びます。amazonよりもこっちの評価のほうが正しいですね(笑)。どうぞ、お買い求めを!
拙著『今こそ「スポーツとは何か?」を考えてみよう!』(春陽堂書店)
拙著『今こそ「スポーツとは何か?」を考えてみよう!』(春陽堂書店)
クリックするとamazonへ跳びます。どうぞ、お買い求めを!
『プロ野球大事典』(新潮文庫)3
『プロ野球大事典』(新潮文庫)
小生の実質的デビュー作。パロディ満載だけどよく売れました。我ながら良く書きましたね。
ロバート・ホワイティング著/玉木正之・訳『ふたつのオリンピック東京1964/2020』(KADOKAWA)
ロバート・ホワイティング著/玉木正之・訳『ふたつのオリンピック東京1964/2020』(KADOKAWA)
2400円と少々値段が高いですが全編約600頁。面白さは保証します(訳者)
拙著『京都祇園遁走曲』(文藝春秋)
拙著『京都祇園遁走曲』(文藝春秋)
まだ読んでない人はアマゾンで1円で買えるそうですから読んでね
『大相撲「八百長批判」を嗤う』(飛鳥新社)
『大相撲「八百長批判」を嗤う』(飛鳥新社)
八百長が騒がれた時期(2011年6月)に緊急出版した本です。宮崎学(作家)根岸敦生(朝日新聞記者/元相撲担当)鵜飼克郎(週刊ポスト記者)荒井太郎(相撲ジャーナリスト)らと相撲の本質論を語ってます。
『野球アンソロジー9回裏2死満塁 素晴らしき日本野球』(新潮文庫)
『野球アンソロジー9回裏2死満塁素晴らしき日本野球』(新潮文庫)
大好評発売中。正岡子規、夏目漱石、埴谷雄高、大下弘、桑田真澄、伊集院静…などが並んでます。買ってください!読んでください!
『彼らの奇蹟:傑作スポーツアンソロジー』(新潮文庫)
『彼らの奇蹟:傑作スポーツアンソロジー』(新潮文庫)
三島由紀夫、澁澤龍彦、小林秀雄、石原慎太郎、大江健三郎、沢木耕太郎、村上春樹…などが並んでます。こちらもよろしく。
『スポーツとは何か』(講談社現代新書)
『スポーツとは何か』(講談社現代新書)
「運動会」の文章は中学3年国語の教科書に採用され、他の文章も、今も大学や高校の入試や予備校の模試によく使われています。
『スポーツ解体新書』(朝日文庫)
『スポーツ解体新書』(朝日文庫)
これも大学入試の論文問題によく使われます。文庫版解説の文章は乙武洋匡さんです。
『続スポーツ解体新書』(Zaiten books)
『続スポーツ解体新書』(Zaitenbooks)
もっと著書の宣伝をしなさいよ…と友人に言われたので…
(以上、スポーツ本の拙著の宣伝でした)
『図説・指揮者列伝 世界の指揮者100人』(河出書房新社ふくろうの本)
『図説・指揮者列伝世界の指揮者100人』(河出書房新社ふくろうの本)
平林直哉さんとの共著です。
『クラシック道場入門』(小学館)
『クラシック道場入門』(小学館)
中古ならあるようです。20年前に上梓した音楽本です。
『オペラ道場入門』(小学館)
『オペラ道場入門』(小学館)
クラシック…の本は5刷増刷。さらに面白くと出したオペラの本は増刷ナシ。やはり日本ではオペラはマダマダ…なのかな。以上、音楽関係拙著の宣伝でした。
タマキのナンデモカンデモごちゃまぜ総集編
タマキのナンデモカンデモごちゃまぜ総集編
▲PAGE TOP


since 2003 nov.
Copyright (C) 2003-2011 tamakimasayuki.com. All Rights Reserved. Produced by 玉木正之HP制作委員会. ホームページ作成/WEBサイト制作 bit.