玉木正之公式WEBサイト「カメラータ・ディ・タマキ」
表示文字サイズ選択:
標準
拡大
月2回/水曜日更新(17.07.12更新)
都合により更新の遅れることもあります。
NOBORDER-SPORTS
仏壇
鮨處 もり山
玉木正之公式WEBサイト「カメラータ・ディ・タマキ」 玉木正之公式WEBサイト「カメラータ・ディ・タマキ」
ナンヤラカンヤラ  ※このコーナーは随時更新

玉木正之蔵出し新着コラム

2017-07-12 タマキの蔵出しコラム「スポーツ編」 RE-NEW!!
平昌冬季五輪は、「平和を創れる」か?
この原稿は、2017年7月1日付毎日新聞朝刊スポーツ面『時評・点描』に書いたモノです。来年2月に開幕する平昌冬季五輪を「南北共催」で…という韓国の文在寅(ムンジェイン)大統領の発言を受けて、一つの「考え方」を示したつもりです。その後(4日後)、北朝鮮がミサイルを発射。「ICBMの発射に成功した」と発表するなど、「平和」はまだまだ遠いところにあるようにしか見えませんが、それでもオリンピックは、何らかの方法で、「平和」を訴えなければならないはずです。オリンピックから「平和運動」を取ってしまえば、ただの世界選手権やワールドカップでしかないのですから…という気持ちを込めて“蔵出し”します。
【記事全文を表示】

2017-07-12 タマキの蔵出しコラム「音楽編」 NEW!!
「ビデオで見る玉木正之のオペラの時間」第8回《父親の心を表現したワーグナーや、女の心を表現したR・シュトラウスのオペラを理解できない人など存在しない! オペラとは「人間の心」を表現した芸術である》
この原稿は小学館発行の雑誌(今もあるのかな?)『サウンドパル』1997年12月号の『連載・玉木正之のビデオで見るオペラの時間』の第8回目として書いたモノです。のちに東京新聞社のサンシャインシティ文化センター『東京カルチャー倶楽部』での講座『オペラは、ほんまにオモロイでぇ〜』(1999年4月〜2000年3月)の講義録と合わせて『オペラ道場入門』(小学館2000年5月刊)として単行本にしました。そのときは、本の帯に佐渡裕(指揮者)島田雅彦(作家)野村万之丞(狂言師・故人)岡田武史(コンサドーレ札幌監督=当時)山下洋輔(ジャズ・ピアニスト)の各氏が推薦人として名前を連ねてくださり、出版と同時に、料理評論家でオペラ・ファンの山本益博さんや、音楽評論家の故・宇野功芳氏や、故・永竹由幸氏などが書評で取りあげてくださり、絶賛してくださった本でした(このなかで、既に3人も故人になられたのですねえ…合掌)。ところが、単行本も今では絶版になってしまったことでもあり(amazon.comでは、まだ購入可能のようですが)、第8弾を“蔵出し”します。ご愛読をよろしく!
【記事全文を表示】

2017-06-28 タマキの蔵出しコラム「ノンジャンル編」
2020東京五輪は環境問題も無為無策?
この原稿は、『アサヒ芸能』(徳間書店)2017年6月22日特大号の連載コラム「NIPPONスポーツ内憂内患」第122回に書いたものです。『アサ芸』の原稿は「“蔵出し”はしないので(勇気を出して・笑)雑誌を買って読んでください」などと書いたこともありますが、今回の中味は、チョイと一人でも大勢の人に知っておいてほしいと思うので、原則を曲げて“蔵出し”します。しかも話題は東京五輪でも、環境問題なので、「ノンジャンル」で“蔵出し”します。2020東京オリンピック・パラリンピックは環境問題の上からも少々問題がありそうで、その問題をまったく取りあげていないメディアにも責任がありそうですね。
【記事全文を表示】
▲PAGE TOP
  ../nanyara.shtml
ナンデモカンデモ
LECTURE
『スポーツジャーナリスト養成 夏期集中特別講座』
『スポーツジャーナリスト養成 夏期集中特別講座』
今夏8月、スポーツジャーナリスト養成塾を、木村元彦さん、長田渚左さんとともに開講します。40年以上に及ぶ小生の執筆活動の集大成です。ふるってご参加ください。
CD
『バーンスタイン:交響曲第2番「不安の時代」ショスタコーヴィチ:交響曲第5番』
『バーンスタイン:交響曲第2番「不安の時代」ショスタコーヴィチ:交響曲第5番』
1959年41歳のレニーがNYフィルを率いてのザルツブルク音楽祭ライヴ。聴かねば。
【ナンカン7/10】
BOOK
澁澤龍彦『極楽鳥とカタツムリ』(河出文庫)
澁澤龍彦『極楽鳥とカタツムリ』(河出文庫)
コレは凄い。儒艮(ジュゴン)・貘・犀・ドードー・極楽鳥・海胆・スカラベ…等々生き物で残した澁澤ワールドが広がります
【ナンカン7/9】
DVD
『ドニゼッティ:シャモニーのリンダ』
『ドニゼッティ:シャモニーのリンダ』
あまり有名ではないけどドニゼッティ晩年の名作。ベルカント(美しい歌)満載。グルベローヴァの調節技巧コロラチューラも聴き物。
『ドニゼッティ:ラ・ファヴォリータ』
『ドニゼッティ:ラ・ファヴォリータ』
50〜70年代に来日したイタオペ団は本当に見事でしたね。クラウス&コッソット&ライモンディの名演です
【以上、ナンカン7/5〜8】
BOOK
多木浩二『スポーツを考える』(ちくま新書)
多木浩二『スポーツを考える』(ちくま新書)
私はこの本で初めてノルベルト・エリアスのスポーツは民主主義から生まれるという理論を学びました。名著です
【ナンカン7/7】
CD
『ワーグナー:トリスタンとイゾルデ』
『ワーグナー:トリスタンとイゾルデ』
欧州に渡ったバーンスタインが誰もがあっと驚く超名演をライヴ録音。このテンポの遅さは見事ですねえ。
『ワーグナー管弦楽曲集』
『ワーグナー管弦楽曲集』
若きバーンスタインが60年代にNYフィルと録音。素晴らしい演奏と思ったのに当時の欧州派の日本の音楽評論家は酷評。
『ワーグナー:トリスタンとイゾルデ』
『ワーグナー:トリスタンとイゾルデ』
ベーム指揮バイロイト・ライヴ。LP時代によく聴いた。世の中にこんな凄い芸術があるのだと驚嘆。
DVD
『ワーグナー:トリスタンとイゾルデ』
『ワーグナー:トリスタンとイゾルデ』
ジャン=ピエール・ポネルの演出が素晴らしい!光り輝く宇宙樹の元での不倫密会。サルミネンのマルケ王も秀逸。
『ヴェルディ:レクイエム』
『ヴェルディ:レクイエム』
ドミンゴ、ライモンディ、アーロヨ…の歌手陣も凄いけど何とてもバーンスタインの指揮の見事さ!高1の時にテレビで見て興奮して1週間ほど眠れなかった。ホント
【以上、ナンカン7/5】
DVD
『7月4日に生まれて』
『7月4日に生まれて』
ベトナム映画はそろそろ底をついたようですが、北がミサイルを撃ったことは映画にならないか?
【ナンカン7/4】
DVD
『スクール・ウォーズ』
『スクール・ウォーズ』
このドラマをエディ・ジョーンズ氏は「Just Stupid」と評したらしい。
『プロジェクトX 挑戦者たち ツッパリ生徒と泣き虫先生〜伏見工業ラグビー部・日本一への挑戦〜』
『プロジェクトX 挑戦者たち ツッパリ生徒と泣き虫先生〜伏見工業ラグビー部・日本一への挑戦〜』
山口先生は素晴らしい人ですが今後の日本のスポーツのためにはさらに冷静な検証が必要かもしれません
【以上、ナンカン7/2】
DVD
ドニゼッティ『マリア・スチュアルダ』
ドニゼッティ『マリア・スチュアルダ』
エリザベス1世とスコットランド女王メアリーの確執。ドニゼッティのオペラは面白いですよ
【ナンカン7/1】
DVD
『ドニゼッティ:ピーア・デ・トロメイ』
『ドニゼッティ:ピーア・デ・トロメイ』
メロディの美しいオペラです。ヴェルディがパクって椿姫に使ってます
【ナンカン6/30】
DVD
『ドニゼッティ:ロベルト・デヴェリュー』
『ドニゼッティ:ロベルト・デヴェリュー』
美声+超絶技巧。いやぁグルベローヴァの歌声(コロラチューラ)の凄さには愕然とするほどです。ディズニーがメロディをパクってます
【ナンカン6/28】
DVD
『華麗なるコロラトゥーラ』
『華麗なるコロラトゥーラ』
田中彩子さんの美しい声を聴くことができます。ニューアルバムは9月発売予定です
【ナンカン6/26】
BOOK
ジョージ・ザルカダキス『AIは「心」を持てるのか 脳に近いアーキテクチャ』(日経BP社)
ジョージ・ザルカダキス『AIは「心」を持てるのか 脳に近いアーキテクチャ』(日経BP社)
この本は凄いです。今もボチボチ読み直してます。
【ナンカン6/25】
DVD
『勧進帳』
『勧進帳』
2004年団十郎の弁慶、富十郎の富樫、菊五郎の義経。やっぱり弁慶は松緑、吉右衛門、幸四郎のほうが…という気持ちを海老蔵が早くひっくり返してほしい。
『助六由縁江戸桜』
『助六由縁江戸桜』
十二世團十郎(今の海老蔵のお父さん)はこっちが似合いましたね。ただ声ははっきり言ってイマイチでした。
『勧進帳』
『勧進帳』
奈良の大仏殿での幸四郎の勧進帳。これ、私、見てません。何とか見なければ。
『モーツァルト:フィガロの結婚』
『モーツァルト:フィガロの結婚』
ベーム指揮ウィーン・フィルの1980年日本来日公演。プライ、ポップ、ヴァイクル、ヤノヴィッツ、バルツァ、リドル、ツェドニク…歌手陣も最高。これは奇蹟の舞台です
【以上、ナンカン6/24】
BOOK
『追悼−私にとっての平尾誠二さん−』
『追悼−私にとっての平尾誠二さん−』
平尾誠二さんの追悼文集がSCIXによって作られました。小生の「ミスター・ラグビー早すぎる死を悼む」も収録されてます。平尾さんは将棋の羽生さんとも親しかったですね
【ナンカン6/26】
MEDIA
『ニューズ・オプエド』
『ニューズ・オプエド』
6/2で3周年700回を迎えました。最初スタートしたときは3か月分の予算しかなかったそうです。やろうと思えばやれるもの…ですね。
BOOK
『野球アンソロジー9回裏2死満塁 素晴らしき日本野球』(新潮文庫)
『野球アンソロジー9回裏2死満塁 素晴らしき日本野球』(新潮文庫)
大好評発売中。正岡子規、夏目漱石、埴谷雄高、大下弘、桑田真澄、伊集院静…などが並んでます。買ってください!読んでください!
『彼らの奇蹟:傑作スポーツアンソロジー』(新潮文庫)
『彼らの奇蹟:傑作スポーツアンソロジー』(新潮文庫)
三島由紀夫、澁澤龍彦、小林秀雄、石原慎太郎、大江健三郎、沢木耕太郎、村上春樹…などが並んでます。こちらもよろしく。
『スポーツとは何か』(講談社現代新書)
『スポーツとは何か』(講談社現代新書)
「運動会」の文章は中学3年国語の教科書に採用され、他の文章も、今も大学や高校の入試や予備校の模試によく使われています。
『スポーツ解体新書』(朝日文庫)
『スポーツ解体新書』(朝日文庫)
これも大学入試の論文問題によく使われます。文庫版解説の文章は乙武洋匡さんです。
『続スポーツ解体新書』(Zaiten books)
『続スポーツ解体新書』(Zaiten books)
もっと著書の宣伝をしなさいよ…と友人に言われたので…
【以上、拙著の宣伝でした】
『図説・指揮者列伝 世界の指揮者100人』(河出書房新社ふくろうの本)
『図説・指揮者列伝 世界の指揮者100人』(河出書房新社ふくろうの本)
平林直哉さんとの共著です。音楽の本も多数あります。
『クラシック道場入門』(小学館)
『クラシック道場入門』(小学館)
中古ならあるようです。20年前に上梓した音楽本です。
『オペラ道場入門』(小学館)
『オペラ道場入門』(小学館)
クラシック…の本は5刷増刷。さらに面白くと出したオペラの本は増刷ナシ。やはり日本ではオペラはマダマダ…。以上、音楽関係拙著の宣伝でした。
タマキのナンデモカンデモごちゃまぜ総集編
タマキのナンデモカンデモごちゃまぜ総集編
▲PAGE TOP


since 2003 nov.
Copyright (C) 2003-2011 tamakimasayuki.com. All Rights Reserved. Produced by 玉木正之HP制作委員会. ホームページ作成/WEBサイト制作 bit.