玉木正之公式WEBサイト「カメラータ・ディ・タマキ」
表示文字サイズ選択:
標準
拡大
月2回/水曜日更新(21.04.14更新)
都合により更新の遅れることもあります。
NOBORDER-SPORTS
仏壇
鮨處 もり山
ホームページ制作【京都 東京】 SEO対策、ホームページ制作のbit-ビット
玉木正之公式WEBサイト「カメラータ・ディ・タマキ」 玉木正之公式WEBサイト「カメラータ・ディ・タマキ」
ナンヤラカンヤラ  ※このコーナーは随時更新

玉木正之蔵出し新着コラム

2021-04-14 タマキの蔵出しコラム「スポーツ編」 RE-NEW!!
コロナで新しい五輪のカタチを/選手応援スタッフも入れぬ五輪/「国別メダル獲得数」は無意味
この原稿は『北國新聞』の月イチ連載『スポーツを考える・第62回』(2021年3月26日付夕刊)に書いたものです。東京オリンピック・パラリンピックが開催できるかどうか、判然としない現在、海外からの観客を受け入れないことが決定されました。ところが、「観客」のなかには選手と深く結びついた「関係者」もいるんですね。彼らがコロナのために日本に入国できないとか、または、入国手続きが煩雑になれば、選手の活動に影響出るのは必至……さて、東京五輪はどうすれば良いのか……ということで書いた原稿を”蔵出し"します。皆さんにも考えてほしい問題です。
【記事全文を表示】

2021-04-14 タマキの蔵出しコラム「音楽編」 NEW!!
新オペラ入門講座・ワーグナーvsヴェルディ2大巨頭の魅力を徹底解説
この原稿は、栄中日文化センターの『玉木正之の新オペラ講座/ワーグ ナーvsヴェルディの魅力』(2021年4月24日)の宣伝のために、中日新聞のアンケートに答えたものです。オペラという素晴らしい大衆文化に対する小生の基本的考え方を、存分に述べさせてもらいましたので、本欄にも"蔵出し"したいと思います。オペラとは本当に面白いもの。なかでも、リヒャルト・ワーグナーとジュゼッペ・ヴェルディと二人の巨匠の残した作品の素晴らしさは、筆舌に尽くしがたい魅力があります。その片鱗だけでも味わってみてください。
【記事全文を表示】

2020-12-23 タマキの蔵出しコラム「ノンジャンル編」
スポーツお薦めの一本!一冊!/『けんかえれじい』と『老人と海』
この原稿は、長田渚左さんが編集著を務める『スポーツゴジラ』第47号(2020年6月18日発行/スポーツネットワークジャパン)に書いたものです。『スポーツゴジラ』は、東京都内の都営地下鉄の角栄で無料配布されているスポーツ・マガジンで、1年4回刊、毎号かなり内容の濃い原稿が並んでいます。この号はスポーツ映画(DVD) かスポーツ本を推薦する特集で、小生の他にも木村元彦さん(板東英二『赤い手』、ハンガリー映画『君の涙ドナウに流れハンガリー1965』)長田渚左さん(奥田英朗『オリンピックの身代金』、『マイケル・ジョーダン・トゥ・ザ・マックス』)など、興味深い本や映画が紹介されています。まだバックナンバーもあるはずで、ホームページを訊ねてみて下さい。
というわけで、そのなかから小生の原稿を“蔵出し”します。
【記事全文を表示】
▲PAGE TOP
  ../nanyara.shtml
ナンデモカンデモ
Blu-ray
ロッシーニ:オペラ『アルジェのイタリア女』
ロッシーニ:オペラ『アルジェのイタリア女』
ロッシーニの喜劇をギャグ・オペラと呼びましょう。メッチャ面白いですから!
DVD
ロッシーニ:オペラ『新聞(La Gazzetta)』
ロッシーニ:オペラ『新聞(La Gazzetta)』
これもイタリアのノーベル賞作家ダリオ・フォーの見事な演出。ギャグ・オペラでハイセンスの笑い爆発です。
Blu-ray
『アポロ11』
『アポロ11』
なぜ月に行くのか?との問いに当時のケネディ大統領は、Not because it is easy,but because it is hard.と答えました。それでみんな喜びました。イイ時代でしたね。
『映像の世紀第3集 それはマンハッタンから始まった 噴き出した大衆社会の欲
				望が時代を動かした』
『映像の世紀第3集 それはマンハッタンから始まった 噴き出した大衆社会の欲 望が時代を動かした』
ベーブ・ルースやデューク・エリントンの活躍の後に大恐慌。好事魔多し
【以上ナンカン4/12】
BOOK
永竹由幸『オペラ名作鑑賞シリーズ6セビリャの理髪師』世界文化社
永竹由幸『オペラ名作鑑賞シリーズ6セビリャの理髪師』世界文化社
このDVDブックに収録されているダリオ・フォー演出の舞台は絶品の面白さです!
【ナンカン4/11】
BOOK
佐々木隆『シリーズ日本の近代 メディアと権力』中公文庫
佐々木隆『シリーズ日本の近代 メディアと権力』中公文庫
日本のマスメディア(新聞)が何故権力(政府)に弱いかを歴史的に解き明かしてくれる名著
【ナンカン4/11、13】
ロバート・ホワイティング『Tokyo Junkie』Stone Bridge Press
ロバート・ホワイティング『Tokyo Junkie』Stone Bridge Press
小生の拙訳『ふたつのオリンピック』が日本で先に出版。後からアメリカで出たオリジナルです
【ナンカン4/10】
ロバート・ホワイティング『ふたつのオリンピック東京1964/2020』KADOKAWA
ロバート・ホワイティング『ふたつのオリンピック東京1964/2020』KADOKAWA
1年かかって翻訳しました。面白い内容ですよ。買って下さい。読んで下さい。
Blu-ray
『マイ・フェア・レディ』
『マイ・フェア・レディ』
ヘップバーンは美しいですね。ハリスンは歌が巧いですね。バックのオケの指揮はアンドレ・プレヴィンです。
BOOK
J・ネイスミス『バスケットボール その起原と発展』YMCA出版
J・ネイスミス『バスケットボール その起原と発展』YMCA出版
ゴールを桃を集める籠を水平に設置したこと。オフサイドを許したこと。ボールを持って走らせないこと。それがポイントですね
【以上ナンカン4/8】
猪谷千春『IOCオリンピックを動かす巨大組織』新潮社
猪谷千春『IOCオリンピックを動かす巨大組織』新潮社
IOCはマフィアみたいなもの…と書かれてます。その通りだと思いますね。
DVD
『映像の世紀第2集 大量殺戮の完成 塹壕の兵士たちはすさまじい兵器の出現を見た』
『映像の世紀第2集 大量殺戮の完成 塹壕の兵士たちはすさまじい兵器の出現を見た』
第一次大戦で戦争はこりごりと思わず第二次もやった人類は馬鹿?
【以上ナンカン4/7】
CD
『R.シュトラウス:楽劇「ばらの騎士」組曲他』
『R.シュトラウス:楽劇「ばらの騎士」組曲他』
アンドレ・プレヴィン指揮ウィーン・フィルのこのアルバムは素晴らしいですね。
『Karajan, Beethoven: The Symphonies』
『Karajan, Beethoven: The Symphonies』
カラヤンのベートーヴェンは嫌いです。ブラームスもブルックナーもチャイコフスキーもマーラーも私は嫌いです。
DVD
『カラヤン/R.シュトラウス:楽劇「ばらの騎士」』
『カラヤン/R.シュトラウス:楽劇「ばらの騎士」』
カラヤンの指揮はR・シュトラウスの豊饒な音色に向いてますね
【以上ナンカン4/6】
BOOK
吉田文久・編『中村敏雄著作集8』創文企画
吉田文久・編『中村敏雄著作集8』創文企画
スポーツ関係の仕事をしている人は中村先生の本をすべて読む必要がありますね
【ナンカン4/5】
Blu-ray
『E.T.』
『E.T.』
中味は愛犬物語を宇宙人に換えただけですが大好きな映画。スピルバーグの最高傑作。ウィリアムスの音楽も最高です。
CD
『マーラー:交響曲10版(クック版)』
『マーラー:交響曲10版(クック版)』
この1楽章の最後にE.T.が宇宙に帰るときに流れるメロディがありますね。ウィリアムスもパクリが巧みですね
【以上ナンカン4/4】
DVD
『ネバダ・スミス』
『ネバダ・スミス』
両親を殺された若者S.マックィーンの復讐劇。西部劇版ビルドゥングスロマン(自己形成小説)かな?
『映像の世紀第1集20世紀の幕開け カメラは歴史の断片をとらえ始めた 』
『映像の世紀第1集20世紀の幕開け カメラは歴史の断片をとらえ始めた 』
このシリーズは素晴らしい映像資料満載で日本ではNHKにしかできない仕事でしょうね
【以上ナンカン4/3】
『四十七人の刺客』
『四十七人の刺客』
リアリズム忠臣蔵。忠臣蔵をこんな映画にしたのなら東京オリンピックも撮り直してほしいなぁ。無理は承知ですが。
Blu-ray
『東京オリンピック<4KリマスターBlue-Ray>』
『東京オリンピック<4KリマスターBlue-Ray>』
市川崑がこれを撮り直したら「オリンピックは人類最大の嘘」で結ぶ…と故・橋本治氏は言いました
【以上ナンカン4/2】
BOOK
梅田英喜『今日からはじめる蓄音機生活』デコ
梅田英喜『今日からはじめる蓄音機生活』デコ
古い過去の遺物にも思える蓄音機が何故こんなにも美しいのでしょうか?音もCDより良いのですよ!
木田元・著/マイケル・エメリック訳『技術の正体』デコ
木田元・著/マイケル・エメリック訳『技術の正体』デコ
あらゆる人に読んでほしい名著です
【以上ナンカン4/1】
DVD
『笑の大学』
『笑の大学』
三谷幸喜の最高傑作かな?役所広司の演技が素晴らしいです
【ナンカン3/31】
BOOK
鈴木武蔵『ムサシと武蔵』徳間書店
鈴木武蔵『ムサシと武蔵』徳間書店
日本には人種差別がない…なんて言う人がいることこそ間違ってますね。
多木浩二『スポーツを考える』ちくま新書
多木浩二『スポーツを考える』ちくま新書
一人でも多くの人に読んでほしいスポーツ本の最高の名著です
【以上ナンカン3/28】
鈴木菫『文字世界で読む文明論 比較人類史七つの視点』講談社現代新書
鈴木菫『文字世界で読む文明論 比較人類史七つの視点』講談社現代新書
世界史の基本の基本を再度押さえておくには良い本でした
【ナンカン3/28,29,30】
Blu-ray
『ベルリン天使の詩』
『ベルリン天使の詩』
ヴィム・ベンダースの名作。白黒映像の美しさはカラー以上だと断言できます
『パリ、テキサス』
『パリ、テキサス』
私にはまだ理解できないところがあって…ベルリンでベンダースさんのアパートまで行ったけど不在で訊くことは叶いませんでした
【以上ナンカン3/27】
DVD
『細雪』
『細雪』
市川崑監督の美しい映画。しかし映画俳優というのはあまりテレビに出ないほうがイイですね。ヘンな先入観がチラチラして…残念
【ナンカン3/25】
Blu-ray
プッチーニ:オペラ『トスカ』
プッチーニ:オペラ『トスカ』
カラスのトスカも素晴らしいけどゴッビのスカルピアも凄い!奇蹟のような夢のような舞台です。演出はゼッフィレッリ。
BOOK
鷲田清一『モードの迷宮』ちくま文庫
鷲田清一『モードの迷宮』ちくま文庫
衣服と身体のフクザツな関係…この名著も読み直さねば。
鷲田清一『ちぐはぐな身体(からだ)ファッションって何?』ちくま文庫
鷲田清一『ちぐはぐな身体(からだ)ファッションって何?』ちくま文庫
身体について考えることは人間(自分)について考えることになりますね
(以上ナンカン3/23)
水原紫苑『百人一首うたものがたり』講談社現代新書
水原紫苑『百人一首うたものがたり』講談社現代新書
歌物語は恋物語。美しく楽しく読めます
【ナンカン3/19,20,21】
POSTER
山口晃『馬からやヲ射る
山口晃『馬からやヲ射る
Horseback Archery』何度でも紹介したい東京パラリンピックの素晴らしいポスター!原発も津波も描かれてます。
BOOK
小林信彦『また、本音を申せば』文藝春秋
小林信彦『また、本音を申せば』文藝春秋
東京五輪芸術部門の数々の失敗はプロデューサーのせいと小生の尊敬する作家はおっしゃってます
【以上ナンカン3/19】
CD
『ジョン・ウィリアムズ ライヴ・イン・ウィーン』
『ジョン・ウィリアムズ ライヴ・イン・ウィーン』
ロス五輪の音楽は演奏してませんが『E.T.』『未知との遭遇』などJ.W, の代表作をウィーン・フィルが最高のサウンドで演奏してます。
DVD
プッチーニ:オペラ『トスカ』
プッチーニ:オペラ『トスカ』
パッパーノ指揮コヴェントガーデンの名演。カウフマンとターフェルも見事!ゲオルギューは色っぽすぎるかな?
WEBSITE
『金星探査機あかつき』
『金星探査機あかつき』
「はやぶさ」だけでなく「あかつき」も応援しましょう!
【以上ナンカン3/18つづき】
DVD
『紅いコーリャン』
『紅いコーリャン』
北京五輪開会式を演出したチャン・イーモウ監督のデビュー作。ベルリン映画祭金熊賞受賞。
タン・ドゥン:オペラ『始皇帝』
タン・ドゥン:オペラ『始皇帝』
メトロポリタン歌劇場でドミンゴ主演で初演された現代オペラ。作曲したタン・ドゥンは北京五輪開会式の音楽も監修しました。
『トレイン・スポッティング』
『トレイン・スポッティング』
ダニー・ボイル監督&ユアン・マクレガー主演の記念碑的名作。ロンドン五輪開会式はこの監督とロイヤル・シェイクスピア劇団が制作。
バーンスタイン:ミュージカル『ワンダフルタウン』
バーンスタイン:ミュージカル『ワンダフルタウン』
一度見たら忘れられないラトル指揮ベルリン・フィルの楽しい大名演!ロンドン五輪開会式でも指揮したイギリス人です。
『シティ・オブ・ゴッド』
『シティ・オブ・ゴッド』
メイレレス監督の傑作ブラジル映画。リオ五輪開会式の演出は彼です
【以上ナンカン3/18】
BOOK
塩山千仭『モーツァルト愛と死Tマリアに抱かれし人びと』春秋社
塩山千仭『モーツァルト愛と死Tマリアに抱かれし人びと』春秋社
分厚い上下2巻本ですがモーツァルトのエピソードはどこを読んでも興味深いですね。
CD
『チャイコフスキー:交響曲第4番他』
『チャイコフスキー:交響曲第4番他』
井上道義さんの指揮は何と言ってもショスタコですがチャイコも(特に4番は)最高です!
WEBSITE
『リムスキー=コルサコフ:シェエラザード他』
『リムスキー=コルサコフ:シェエラザード他』
ゴロワノフ指揮の超過激大名演。ソロ・ヴァイオリンをボリショイのコンマスをクビにしてオイストラフに弾かせ てます!
【以上ナンカン3/14】
DVD
ヴェルディ:オペラ『オテッロ』
ヴェルディ:オペラ『オテッロ』
切れ味鋭いバレンボイム指揮。ユルゲン・フリムの見事な現代演出でオテッロがアラブ・ゲリラに!?歌手陣も高水準です。
ヴェルディ:オペラ『オテッロ』
ヴェルディ:オペラ『オテッロ』
ゼッフィレッリの見事なオペラ映画。ドミンゴ&リッチャレッリも文句なし…イヤーゴが…。
ヴェルディ:オペラ『オテッロ』
ヴェルディ:オペラ『オテッロ』
ゴッビのイヤーゴ中心のオテッロ。この面魂は悪のイヤーゴの真骨頂です。
ヴェルディ:オペラ『オテッロ』
ヴェルディ:オペラ『オテッロ』
奇蹟の日本公演!モナコとゴッビの二重唱は歴史上最高のオテッロとイヤーゴです日本公演
【以上ナンカン3/13】
BOOK
井上寿一『論点別昭和史 戦争への道』講談社現代新書
井上寿一『論点別昭和史 戦争への道』講談社現代新書
日本の近現代史は戦前の昭和から平成令和まで連続して考えないとイケナイのですね
【ナンカン3/13,14,15,16,17,19】
DVD
『Fukushima50』
『Fukushima50』
3・11で危機に陥った福島第一原発の当時の映画化。不満も少しはありますがこういう映画が残されたのは評価したいですね。
BOOK
高島俊男『中国の大盗賊・完全版』講談社現代新書
高島俊男『中国の大盗賊・完全版』講談社現代新書
何度読んでも面白く勉強になります。中国を知りたいならこの一冊です
【以上ナンカン3/12】
Blu-ray
『スター・ウォーズ オリジナル・トリロジー ブルーレイコレクション(3枚組)』
『スター・ウォーズ オリジナル・トリロジー ブルーレイコレクション(3枚組)』
この三部作で十分だと私は思っていたのですが…
【ナンカン3/10】
BOOK
河原一久『スターウォーズ論』NHK出版新書
河原一久『スターウォーズ論』NHK出版新書
なるほど。いろいろ勉強になりました。エピソードT,U,Vも見直しましょう
【ナンカン3/9.10】
DVD
『渚にて』
『渚にて』
第三次世界大戦の放射能による世界滅亡の危機を描いた名作。コロナ禍の今こそ見直すべきかも
【ナンカン3/10】
『禁断の惑星』
『禁断の惑星』
古臭いと言えば古臭いけど興味深く見ることのできる歴史的名作
【ナンカン3/9】
BOOK
立花隆『サイエンスの未来 伝説の東大講義』講談社現代新書
立花隆『サイエンスの未来 伝説の東大講義』講談社現代新書
少し古くなった感もありますが最新の学説が生まれる歴史を知るうえで貴重だと思います
【ナンカン2/20,21,22,3/3,4,5,6,7】
DVD
『アントニーとクレオパトラ』
『アントニーとクレオパトラ』
チャールトン・ヘストンのシェイクスピア歴史物。いかにも大作ですね。中学生の頃に見た記憶がありますが古くなりましたね
【ナンカン3/7】
『黒部の太陽』
『黒部の太陽』
1960年代は建設業界も電機業界も映画界もみんな元気がありました。その元気が消えたのはいつ頃から?
【ナンカン3/3,4】
BOOK
筒井康隆『ジャックポット』
筒井康隆『ジャックポット』
二階からコロナ。火事とコロナは江戸の花。七コロナ八起き。コロナは気から。一富士二鷹三コロナ…ははははは
【ナンカン2/20,21,27,28, 3/1.2】
後藤逸郎『オリンピック・マネー誰も知らない東京五輪の裏側』文春新書
後藤逸郎『オリンピック・マネー誰も知らない東京五輪の裏側』文春新書
東京五輪を控えて日本人-説くにマスコミ人の必読書です
【ナンカン2/25,26,3/2.8】
BOOK
拙著『今こそ「スポーツとは何か?」を考えてみよう!』(春陽堂書店)
拙著『今こそ「スポーツとは何か?」を考えてみよう!』(春陽堂書店)
クリックするとRakutenブックスへ跳びます。amazonよりもこっちの評価のほうが正しいですね(笑)。どうぞ、お買い求めを!
拙著『今こそ「スポーツとは何か?」を考えてみよう!』(春陽堂書店)
拙著『今こそ「スポーツとは何か?」を考えてみよう!』(春陽堂書店)
クリックするとamazonへ跳びます。どうぞ、お買い求めを!
『プロ野球大事典』(新潮文庫)3
『プロ野球大事典』(新潮文庫)
小生の実質的デビュー作。パロディ満載だけどよく売れました。我ながら良く書きましたね。
ロバート・ホワイティング著/玉木正之・訳『ふたつのオリンピック東京1964/2020』(KADOKAWA)
ロバート・ホワイティング著/玉木正之・訳『ふたつのオリンピック東京1964/2020』(KADOKAWA)
2400円と少々値段が高いですが全編約600頁。面白さは保証します(訳者)
拙著『京都祇園遁走曲』(文藝春秋)
拙著『京都祇園遁走曲』(文藝春秋)
まだ読んでない人はアマゾンで1円で買えるそうですから読んでね
『大相撲「八百長批判」を嗤う』(飛鳥新社)
『大相撲「八百長批判」を嗤う』(飛鳥新社)
八百長が騒がれた時期(2011年6月)に緊急出版した本です。宮崎学(作家)根岸敦生(朝日新聞記者/元相撲担当)鵜飼克郎(週刊ポスト記者)荒井太郎(相撲ジャーナリスト)らと相撲の本質論を語ってます。
『野球アンソロジー9回裏2死満塁 素晴らしき日本野球』(新潮文庫)
『野球アンソロジー9回裏2死満塁素晴らしき日本野球』(新潮文庫)
大好評発売中。正岡子規、夏目漱石、埴谷雄高、大下弘、桑田真澄、伊集院静…などが並んでます。買ってください!読んでください!
『彼らの奇蹟:傑作スポーツアンソロジー』(新潮文庫)
『彼らの奇蹟:傑作スポーツアンソロジー』(新潮文庫)
三島由紀夫、澁澤龍彦、小林秀雄、石原慎太郎、大江健三郎、沢木耕太郎、村上春樹…などが並んでます。こちらもよろしく。
『スポーツとは何か』(講談社現代新書)
『スポーツとは何か』(講談社現代新書)
「運動会」の文章は中学3年国語の教科書に採用され、他の文章も、今も大学や高校の入試や予備校の模試によく使われています。
『スポーツ解体新書』(朝日文庫)
『スポーツ解体新書』(朝日文庫)
これも大学入試の論文問題によく使われます。文庫版解説の文章は乙武洋匡さんです。
『続スポーツ解体新書』(Zaiten books)
『続スポーツ解体新書』(Zaitenbooks)
もっと著書の宣伝をしなさいよ…と友人に言われたので…
(以上、スポーツ本の拙著の宣伝でした)
『図説・指揮者列伝 世界の指揮者100人』(河出書房新社ふくろうの本)
『図説・指揮者列伝世界の指揮者100人』(河出書房新社ふくろうの本)
平林直哉さんとの共著です。
『クラシック道場入門』(小学館)
『クラシック道場入門』(小学館)
中古ならあるようです。20年前に上梓した音楽本です。
『オペラ道場入門』(小学館)
『オペラ道場入門』(小学館)
クラシック…の本は5刷増刷。さらに面白くと出したオペラの本は増刷ナシ。やはり日本ではオペラはマダマダ…なのかな。以上、音楽関係拙著の宣伝でした。
タマキのナンデモカンデモごちゃまぜ総集編
タマキのナンデモカンデモごちゃまぜ総集編
▲PAGE TOP


since 2003 nov.
Copyright (C) 2003-2011 tamakimasayuki.com. All Rights Reserved. Produced by 玉木正之HP制作委員会. ホームページ作成/WEBサイト制作 bit.