コラム「スポーツ編」
HOMEへ戻る
 
表示文字サイズ選択:
標準
拡大
掲載日2020-12-23
この原稿は、TBSテレビ・発行/TBSメディア総合研究所・編集の隔月刊誌『調査情報』2020年11〜12月号の特集「五輪・パラリンピックへの"続く"道」に書いたものでした。『調査情報』は1958年から続いてきた雑誌ですが、この号で廃刊となるそうです。小生は今回も含めて過去に10回以上執筆させていただきました。最終号に書かせていただいたということは、本当に光栄なことでもありますが、素晴らしい活字メディアが、また一つ消えてゆくことには、なんとも言えない寂しさを感じざるを得ません。活字を読む人が少なくなって、雑誌が売れなくなったから仕方ないのでしょうが……こんな状況のなかで、まっとうな言論文化が熟成されるのだろうか、と少々心配になります。そんな不安な気持ちとともに“蔵出し”させていただきます。

今こそ直視を!オリンピックの抱える「根本的問題」

 1年延期となった東京オリンピック・パラリンピックは、来年7月23日無事に開会式を迎えることができるのか? それは現時点(2020年9月末現在)では、誰にも予想できない。来年の新型コロナの感染状況、重症化の割合は誰にもわからず、安全なワクチンの開発に成功するかどうかもわからないのだから、予想するのは無理というしかない。

 IOC(国際オリンピック委員会)のトーマス・バッハ会長は、東京大会組織委との調整委員会(9月24日)の冒頭で、「東京大会は必ず実行できる。歴史的なものになるだろう」と強調。ワクチンがなくても開催できるとの認識を示した(9月26日付朝日新聞より)。

 IOC調整委員会のジョン・コーツ会長も、「コロナ後の世界に合致した新たな大会をめざす。これを東京モデルと名付け、将来の青写真となる」と語った(同前朝日新聞)。が、そのとき組織委から発表されたオリンピック簡素化の52項目は、けっして胸の張れるものではなかった。

 訪日する選手以外の大会関係者約5万人を10〜15%削減と言っても、そもそも参加選手数が約1万1千人なのに、それほど多くの「関係者」の随行が必要なのか、との疑問も湧く。開閉会式の簡素化には、多額の放送権料料を支払っている米国のテレビ局NBCが反対。時間の短縮やパラリンピックの開閉会式との「合併」などには違約金が派生する可能性があり不可能だったという。聖火リレーについても同じ。大胆な簡素化はスポンサーとの契約違反になる怖れがあるというのだ。

 組織委の森喜朗会長も「多くのことが既に決められていて、それに従わざるを得なかった」と記者会見で答えたように、今回の「簡素化」は、競技数、種目数、選手数といったオリンピック「本体」には手を付けられず、「オリンピックの根本的問題」を俎上にあげることもできなかった。

 では、「オリンピックの根本的問題」とは何か? それは「商業化」と「肥大化」である。

 新型コロナによる延期が問題になり始めた頃、どうせ延期するなら東京が酷暑の夏から涼しくなる秋に移すべきだとの意見も出た。が、結局1年後のやはり酷暑の真夏に落ち着いたのも、秋はテニスの全米オープンをはじめ、MLB(メジャー野球)のワールドシリーズ、NBA(プロバスケ)、NFL(プロアメフト)、NHL(プロアイスホッケー)の開幕などアメリカの人気スポーツのビッグイベントと重なり、巨額の放送権料を支払っているNBCが認めないからだ。

 NBCは2014年のソチ冬季五輪から来年の東京五輪などの夏季大会をふくむ10大会のアメリカ国内向け放送権を、120億3千万ドル(約1兆2千6百億円/1$=106円当時)で取得。24〜32年の間の夏と冬合計6大会も76億5千万ドル(約7千8百億円/1$=102円当時))で既に取得している。全世界のテレビ放送局の放送権料はIOCの年間予算の約7割を占め、NBC1社IOC年間予算の約4割を占めるという。

 このカネによる支配構造が変わらない限り32年以降の開催都市として立候補を予定しているムンバイ(インド)、ジャカルタ(インドネシア)、ドーハ(カタール)等での真夏の五輪開催は不可能と言えるだろう。いや昨今の地球温暖化を考えれば、24年パリ大会(昨年7月25日に観測史上最高42・6度を記録)も、28年のロサンゼルス大会(84年の大会でも熱中症で倒れた選手を出した)も、コロナとは無関係に危険な大会となる可能性もある。

 IOCは巨額の「資金」を集めることで、アフリカやアジアのスポーツ発展途上国への援助や、次世代の若者への援助や教育(2010年に始めたユース・オリンピック大会=14〜18歳を対象とした夏季と冬季の4年に1度の大会の開催)も可能になったと胸を張る。

 が、そのIOCの主張は世界のスポーツ文化の発展にとって「正しい」と言えるだろうか?

 オリンピック商業化の出発点は1984年のロサンゼルス五輪ーーだと思っている人が多く、メディアもそのような報道をする。が、その認識は正しくない。

 確かに「商業化」は84年ロサンゼルス五輪の組織委会長を務めたピーター・ユベロス(当時43歳)の見事な手腕による成果だった。が、「肥大化」はその商業化の手法をすべて奪い取ったIOC(とその協力者である広告代理店)の仕業と言えるからだ。

 ロス大会以前、76年モントリオール大会は南アフリカの人種差別政策に反対して22ヶ国のアフリカ諸国がボイコットするという政治的問題が発生。石油ショックも重なって約10億ドル(約2900億円/1$=293円=当時)の大赤字(今日の貨幣価値で約2兆円)を計上。続くモスクワ大会も1億1千8百万ルーヴル(約365億円)の赤字のうえに、冷戦下のソビエト連邦のアフガン侵攻に反対する西側諸国がボイコット。

 政治的にも経済的にも窮地に陥ったオリンピックの開催に手を挙げた都市は、IOCに立候補を懇願されたロサンゼルスだけ。おまけにロスの市議会から税金を1セントも使わないことを約束させられての開催となった。

 そんななかでユベロス組織委会長は、大会会場にスポンサーの広告を並べて広告料を取り、放送権料をモスクワ大会の3倍に値上げ。聖火リレーも1q3千ドルで売り出し、合計約2億1千5百万ドル(約542億円/1$=252円当時)の黒字を計上。その黒字額はUSOC(アメリカ五輪委員会)やアメリカ国内の各種スポーツ団体、慈善団体などに寄付されたのだった。

 これは、それまで広告を積極的に活用できなかった「アマチュアリズムの大会」を、「商業主義オリンピック」に大転換させた大事件と言えた。が、その実態はモントリオール大会の支出(14億2千万ドル)やモスクワ大会の支出(13億1千万ドル)に較べて、ロス大会は支出(5億3千万ドル)大幅に抑えた結果だった。

 メイン・スタジアムは32年のロス大会時のものを改修して再使用。選手村や水泳競技もUCLAの学生寮や大学プールを使用するなど、徹底した節約を実行したのだ。

 それ以降の大会は、ユベロスによる「民営化オリンピック」の収入面の手法を、IOC(と代理店)が自らの手で実施。政治問題と経済問題で消えかかっていたオリンピックの炎だったが、IOCは人気のあるスポーツ(スポンサーやテレビ局が喜ぶスポーツ)を次々と正式競技に加え、収入を増やし、「肥大化」の道を突き進んだのだった。

 が、その実態は、韓国(ソウル)、中国(北京)、ブラジル(リオデジャネイロ)など新興国家の支援する大会や、アトランタ、シドニー、バルセロナ、ロンドンなど、都市改造をめざす資金力のある大都市による大会に限られた。つまり莫大な放映権料やスポンサー料を手に入れたIOC(と代理店)は金銭的に潤ったが、五輪開催都市は「肥大化」による経費の増大で苦しむことになり、ギリシア(アテネ)の国家財政の破綻へのオリンピックの影響も取り沙汰されるなか、ついに20年東京大会のあとの開催都市に立候補する都市がパリとロサンゼルスしかなくなり、慌てたIOCは24年と28年の2大会をこの両都市に決定。オリンピックの延命を計ったのだった。

 そこへ今回のコロナ禍で東京都はその対策に約1兆円を注ぎ込み、いわゆる都財政の「貯金」は底をつき始めた。オリンピックの開催予算は当初1兆3千5百億円(組織委6030億円、東京都5973億円、国1500億円)だったが、そこへ開催の1年延期で、3〜5千億円と言われる追加費用を。組織委、東京都、国、IOCがどのように負担するのか、まだ決まっていない(その後追加費用は2940億円で、国が710億円、東京都が1200億円、組織委が1030億円と発表された。が、これには新型コロナの感染予防対策費は含まれていない)。

 東京都がアテネやモントリオールの二の舞になることは避けてほしいと思うが、では東京は何故五輪大会の招致に手を挙げたのか? それを今一度確認しておく必要がある。

 東京五輪は3・11東日本大震災からの「復興五輪」という人がいるだろうが、東京のオリンピック招致は、3・11よりもはるかに前のことだった。

 世紀が変わった頃、1964年東京五輪以来半世紀、今一度日本でオリンピックを! というシンプルな声が出始めたとき、その声に呼応して手を挙げたのは、福岡と札幌で、その2都市に五輪招致運動に勝ち目があるとは思えなかった。

 商業化と肥大化で拡大路線を歩み始めたオリンピックは、財政的にも豊かな首都クラスの巨大都市でなければ事実上開催は不可能。このままでは88年大会の招致でソウルに敗れた名古屋、08年大会で北京に敗れた大阪に次ぐ連続敗退になりかねないと危惧したJOC関係者は秘書を通じて石原慎太郎東京都知事に働きかけ、「東京から日本を変える!」をスローガンにしていた石原都知事が、五輪東京招致を決意したのが05年のことだった。

 そんな動きの一方で、スポーツ議員連盟の面々は64年の東京五輪開催をきっかけに制定されたスポーツ振興法(61年)の改定に取り組んでいた。半世紀前に作られたスポーツに関する法律は、アマチュアスポーツと体育の記述しかなく、プロスポーツや障碍者スポーツ(パラリンピック・スポーツ)についての記述も皆無。時代遅れも甚だしい法律で動いていた日本のスポーツ界はスポーツ行政においても遅れが目立ち、体育とアマスポーツは文科省、障碍者スポーツは厚労省、プロスポーツは経産省、スポーツ施設の建設等は国交省と、縦割り行政が定着していた。

 日本のスポーツ産業の規模は年間約5兆円と言われていたが、それも企業や家庭内の消費額から計算した概算で、スポーツ・ウェアは繊維産業、スポーツ・イベントの入場券は娯楽産業、スタジアムでの食事は飲食業等々、スポーツ産業としての統計データすら存在しなかった。

 それに対してスポーツ産業王国のアメリカは約45兆円、プロサッカーの巨大市場を誇るEUは約30兆円。人口比で考えれば、日本のスポーツ産業はも15兆円程度にまで伸ばすことが可能と考えられた。が、そのためには、スポーツ振興法を現在のスポーツ事情に即したスポーツ基本法に改め、スポーツ政策・スポーツ行政を統括するスポーツ庁の新設が期待された。が、折しも行財政改革推進の時代にあって、省庁の新設は困難だった。

 しかし、オリンピック・パラリンピックを日本に招致できれば、すべてのことが一気に実現に向かって走り出すかもしれない……と、東京都(石原都知事)、JOC、スポーツ議員連盟の思惑が一致。東京オリンピック・パラリンピックの招致運動が開始されたのだった。が、東京都民の五輪招致への意識が低かったことや、スポーツ基本法等の整備の遅れなどから、16年の五輪招致ではリオデジャネイロに敗退。

 再度五輪招致に挑戦するべく、石原都知事が四選目への立候補を表明したのが奇しくも11年3月11日。東日本大震災の日となり、4月10日に四選を果たした石原氏の周辺には、五輪招致見直し論も湧き起こったが、「復興五輪」を新たな目的に加えたうえで、再度五輪招致を表明し、石原都知事は国政への復帰を目指して都知事を引退(後継者には副都知事を務めていた猪瀬直樹氏が当選)。

 同年6月スポーツ振興法を改定したスポーツ基本法が公布され、8月より施行。プロスポーツ、障碍者スポーツの発展やスポーツ産業の育成が唱えられるなか、13年9月7日ブエノスアイレスでのIOC総会で、東京は2020年夏季オリンピック・パラリンピック大会の開催都市に選ばれたのだった。

 その後、エンブレムの盗作疑惑問題に始まり、マラソンと競歩の札幌への移転等、諸問題が噴出したが、当初のオリンピック招致の目的は、ほぼクリヤーされた。

 スポーツ基本法の施行に続いてスポーツ庁は15年10月1日に創設。18年には日本体育協会も日本スポーツ協会と名を変え、20年からは体育の日もスポーツの日に変更。国民体育大会も23年の佐賀大会から国民スポーツ大会と名称を変え、「教育的体育」が中心だった日本のスポーツ界は「自発的に仲間と楽しむスポーツ」へと中身も変化しようとしている。それによって、体罰、パワハラ、セクハラ等の「体育会系運動部」にありがちだった「軍隊的傾向」(国際NPO法人・ヒューマン・ライツ・ウォッチの指摘)をなくす努力も始まっている。

 そして体育教育中心でビジネス化(産業化)が進まなかった点にもメスが入り、16年4月に政府が『日本再興戦略2016―第4次産業革命に向けて』を発表。スポーツ産業は成長産業と捉えられ、《約5・5兆円だったスポーツ市場の規模を20年までに10兆円、25年までに15兆円に拡大することを目指す》国家目標も示された。現在の日本スポーツ産業は「約8・3兆円の規模」まで伸びているらしい。

 目標額を下回っているのはコロナのせいもあるだろうが、オリンピックを「無事開催」できるかどうかはともかく、「招致」することによる日本スポーツ界の当初の目的は、ほぼ達成するできたと言っていいだろう。

一方オリンピック(IOC)の側には、新型コロナ以上の大問題が発生している。

 9月9日ロイター通信は、世界中の160以上の人権団体がIOC(国際オリンピック委員会)に対して、「中国政府による人権侵害」を理由に「北京冬季五輪の開催中止」を書簡で申し入れたことを伝えた。

 世界各国に散らばっているウイグル族、チベット族、モンゴル族の人権擁護団体や、香港の市民団体などが、新疆ウイグル自治区やチベット自治区での中国政府による住民への弾圧、内モンゴル自治区の小中学校でのモンゴル語から中国語への強制変更、香港での国家安全維持法の施行等々に対して抗議の意思を表明し、北京冬季五輪開催反対を主張。

 それに対して中国政府は「スポーツの政治利用はオリンピック憲章に違反する行為」との声明を発表。IOCは「政治問題に関しては中立を保つ」とのみ返答した。

 人権団体と中国政府のどちらが「スポーツを政治に利用している」のか?

 この問題を「五輪の問題」として考えるには、今年の全米テニス選手権女子シングルで2度目の優勝を果たした大坂なおみ選手の発したメッセージが参考になるだろう。

 警察官などに不当に殺された7人の黒人の名前を記した黒いマスクを順々に着用してコートに登場した大坂選手は、優勝後のインタヴューで「どういうメッセージを伝えたかったのか?」と訊かれると、「それよりあなたが、どう受け止めたのかに興味があります」と答えた。この見事な返答で、彼女は「アスリートである前に一人の黒人としてやるべきことをやる」との意思を示したのだった。

 大坂選手の平和的な無言のメッセージは多くの人々の心を掴み、共感を呼び、世界の多くのメディアも賞賛した。が、同じ行為をオリンピックの場で行うことは不可能だというのだ。

 1968年メキシコ五輪で、陸上男子200mに優勝したトミー・スミス選手と3位になったジョン・カーロス選手はアメリカ国内での黒人差別に抗議し、表彰台の上でアメリカ国旗に顔を伏せ、黒い手袋をはめた拳を突き上げる抗議行動を行った。それに対してブランデージIOC会長(当時)は、この行為を「アメリカ国内の政治的問題」と捉え、「非政治的で国際的な場であるべきオリンピックに反する行為」として、二人の選手をオリンピックの場(選手村)から追放した。

 そして現在のオリンピック憲章第50条3項には、オリンピックでの《いかなる種類の示威行動または、政治的、宗教的、人種的な宣伝活動も認められない》と規定されているのだ。

 今年6月、75歳になったカーロス選手はアメリカ五輪・パラリンピック委と連名で、IOCにメキシコ五輪での処分の撤回を求め、選手の自由な表現や発言を禁止しているオリンピック憲章の改正を求める要望書を送付した。が、IOCは昨今のアメリカでの「黒人差別反対運動」を受けた見解を発表。「Black LivesMatterブラック・ライヴズ・マター(黒人の命にも価値がある)」という標語の使用や、黒人差別への象徴的抗議行動である「膝つき行為」も「五輪憲章50条違反に当たる(五輪からの追放の対象となる)」と発表したのだ。

 するとカナダの反ドーピング機関でスポーツの教育活動も行っているカナディアン・センター・フォー・エシックス・イン・スポーツ(CCES)という組織が政治的・宗教的・人種的活動を禁じている五輪憲章は、世界人権宣言で国連が認めた基本的人権に反するとして改正を要求。「ブラック・ライヴズ・マター」も使え、「膝つき行為」も行えるよう求めた。

 オリンピック憲章には《50条》が存在する一方、前文に続く《オリンピズムの基本原則第7条》に《人種、宗教、政治、性別、その他の理由に基づく国や個人に対する差別はいかなる形であれオリンピック・ムーブメントに属する事とは相容れない》とある。

 そして「戦争が政治の延長」なら「平和(反戦)運動」も政治であり、「差別反対」も「差別する政治」に対して「差別に反対する政治行動」と言うことができ、スポーツ(オリンピック)も「政治」と無縁ではいられないはずだ。

 大坂なおみ選手は、全米女子テニス協会に「反黒人差別」への支持を取り付け、黒いマスクの着用に及んだ。スポーツ選手は黙ってスポーツをやれ、という時代は終わった現在、IOCはどういう判断をするのか?

 また、新型コロナ・ウイルスにより、オリンピックが1年年期となった今日こそ、こういうオリンピックの「根本問題」こそ大いに話し合われるべきだろう。が、オリンピックの問題を考えるとき、常に困難がつきまとうのは、オリンピックには戻るべき「原点」、帰るべき「基本原理」が存在しないことである。

 近代オリンピックの創設者であるクーベルタン男爵は、素晴らしい言葉も数多く残してはいるが、彼の言葉通りに(彼の「原点」に戻って)オリンピックを運営すれば、「女性の役割は勝利者(の男性)に栄冠を与える仕事」になってしまい、過去の最も素晴らしい大会は1936年にヒトラーのナチス・ドイツによる第11回ベルリン大会となってしまうのだ。

 クーベルタンは、自らが唱えたオリンピズム(オリンピックの原理原則)が常に誤解され続けてきたと嘆き、「もしも輪廻というものが存在し、100年後にこの世に戻ってきたならば、私は現世において苦労して築いたもの(オリンピック)を破壊することになるでしょう」という発言もしている。

 ならば、「輪廻」でクーベルタンが現れることなく、新型コロナが現れた今、オリンピックはどうあるべきか? を考えるのは、商業主義と肥大化で身動きのとれないIOCや組織委でもなければ、「政治的威信」をかけて大会を開こうとしている国家でもなく(東京は新型コロナに打ち勝った証(あかし)として、北京より先に五輪を開催しなければならない、と言った政治家もいる!)、我々自身ーースポーツを愛し、世界の平和を願うのはず我々自身のはずだ。

【参考文献】
◎カール・ディーム編大島鎌吉・訳『ピエール・ド・クーベルタン オリンピックの回想』◎アベリー・ブランデージ著宮川毅・訳『近代オリンピックの遺産』以上ベースボール・マガジン社◎日本体育学会第66回大会専門領域体育史シンポジウム『歴史から考えるオリンピック』コーディネーター坂上康博/体育史研究第33号2016年3月◎森高信『スポーツビジネス15兆円時代の到来』平凡社新書◎小川勝『オリンピックと商業主義』集英社新書

 
▲PAGE TOP
バックナンバー


蔵出し新着コラム NEW!!

64年東京五輪に学ぶ/前回も開幕前は批判だらけ

間違えてはいけない! オリンピックが素晴らしいのではない。スポーツが素晴らしいのだ!

コロナ禍で考える東京オリンピック開催の意義

2020年東京オリ・パラは、既に目標を達成した!?

「負のレガシー」残さぬように…64年東京五輪は赤字国債を生んだ!?

新型コロナ禍、変異ウイルス出現で東京五輪はどうなる!?そもそも聖火リレーは何のために行う行事なのか?!

震災復興でもコロナ克服でもない東京五輪の目的は既に達成!

コロナで新しい五輪のカタチを/選手応援スタッフも入れぬ五輪/「国別メダル獲得数」は無意味

「コロナ禍」でIOCが抱える問題噴出/東京五輪開催は五里霧中

近代オリンピックの虚構/開催は独裁国家が向いている?

「東京五輪、やれなさそうでもやろうとしている」スポーツ文化評論家・玉木さんが語る政治との関係

北京五輪、開催していいのか?ウイグル弾圧、アメリカが「虐殺(ジェノサイド)認定」

東京五輪開閉会式の総合演出チームが解散!新チームは政治家だけは使わないで!

オリンピックは政治問題と向き合うべき/ブランデージ元IOC会長の銅像撤去へ

今こそ直視を!オリンピックの抱える「根本的問題」

IOCバッハ会長の開催宣言/スポンサーと北京五輪を意識!?

1年延期となった東京オリンピック・パラリンピックは「何のために開催するのか?」――コロナ禍のなか、日本のスポーツは「15兆円成長産業」へ向けて発展できるか?

「男子種目のみ」が多い日本/パラ出場できない女子サッカー選手

アスリートの意思表示/政治問題と無縁でいられぬ時代

竹田JOC会長の退任だけで事件は幕引きか?/悪い奴ほどよく眠る?

「日本のスポーツは軍隊的」部活の体罰が消えない理由

東京五輪中止なら北京冬季五輪も中止?/政治利用でなく早期決断を!

無観客試合に応援は必要? 開幕日に思う日本野球の不思議

コロナ禍で大混乱のスポーツ界は今こそ改革に手をつけろ!

高校野球「進化」のチャンス/コロナ後は新しい姿に!

五輪の本来の目的は〜今こそ世界平和を打ち出せ!

クーベルタン男爵に呪われた?東京五輪の延期決定

文化・スポーツは「人生の飾り」新型肺炎COVID19の影響で「飾り」の中止はやむなし?

今こそ「スポーツとは何か?」を考えてみよう・目次

選手の進化は道具の進歩? 厚底シューズで好記録!

デザイン重視(?)のサッカー日本代表の新ユンフォームは最悪。即刻改めるべし!

オリンピックのチケット購入の抽選に当選しても「オリンピックを見る」ことができるとは限らない?!

「プレミア12」優勝したのはいいけれど…/「世界一」などと喜ぶよりも日本野球の改革を!

東京五輪マラソン競歩札幌移転/猛暑対策? 何を今さら!

引退考・スポーツ選手と引退「引き際の美学――それは、さらなる飛翔への美しい門出の時を迎えること」

朝日新聞は夏の甲子園の主催を辞めて高校野球を考え直すキャンペーンを行え!

健康を守ってこその高校野球/「投げさせろ!」は無責任

夏の甲子園大会は100回記念大会で一度中止すべし!

惜しまれる安美錦の引退/格闘家でなく「おすもうさん」

メディアがスポーツを主催する限り日本のスポーツの発展はありえない

「スポーツ馬鹿」なんて今では死語!様変わりした引退後のアスリート

「ゴルフ英語」はまったく通じない!?「ビッグスコア」なんて理解されない!

『9回裏2死満塁 素晴らしき日本野球』解説

悪い奴ほどよく眠る? 竹田JOC会長の退任だけで事件は幕引き?

ボクシング全盛期を描いた貴重な歴史書『無敗の王者 評伝ロッキー・マルシアーノ』

アメリカ人は肩が凝らない? 強肩・肩身が狭い・肩で風切る…日本人は肩を意識しすぎ?

仮想通貨が五輪の赤字の危機を救う?/パソコンゲームは五輪が否定

「二度目」には何をするべきか?/塩田潮・著『東京は燃えたか』(朝日文庫)解説

体操協会の不祥事の原点は巨人軍にあり

どんどん出てこい!スポーツ界の不祥事

eスポーツ(コンピューター・ゲーム)が五輪競技に? 世界的に人気広がる あなたは賛成?反対?

「大谷翔平進化論」時代の最先端として出現した肉体/日本の若者たちの力(パワー)を信じましょう

独自の発展アメリカ型球戯は意外と世界的(グローバル)ではない

大谷翔平の大活躍から見える日本のスポーツ界の問題点

「パワハラ」疑惑のレスリング界 構造的欠陥は角界と共通

応援団やチアリーダーは、なぜ生まれたか?/「飛び入り自由」なく欲求不満に

室内競技は冬のスポーツ?/未来の冬季五輪は「雪と氷の祭典」ではなくなる

ロシアの組織ぐるみのドーピングは、科学の進歩の結果? 人間の道徳観は進歩しないのか?

大相撲とは何か? ということを考えてみる

箱根駅伝の全国化で組織や経理も改革を!

「八百長」VS「出来山」の大一番

ちょっと教えたいお話 スポーツ編C〜スポーツは、民主主義の社会でしか生まれない、非暴力、反戦平和の文化なのだ

スポーツは日本に新しい時代を拓くか?

桐生選手100m10秒の壁突破は世界で27か国目127人目の快挙/それでも自分たちの身体能力は劣っていると思いますか?

宮本武蔵の剣術論『五輪之書』にも比肩する『野村克也野球論集成』/サンケイスポーツ編・徳間書店・刊

スポーツは日本に新時代を拓くか?

ちょっと教えたいお話 スポーツ編B〜日本語として使われている「スポーツ」とは、どういう意味?

ちょっと教えたいお話・スポーツ編Aスポーツ(サッカー)を語ることは、世界史や日本史を語ることにもつながるのだ!

平昌冬季五輪は、「平和を創れる」か?

ちょっと教えたいお話・スポーツ編@バレーボールってどういう意味か知ってますか?

政治的スポーツのボクシングも今は経済が中心/村田よ、金儲け主義を破壊する「怒りのパンチ」を!

笑顔広がる「ゆるスポーツ」

関東の大学しか出られない箱根駅伝を全国区にできるか?「日本版NCAA」の誕生に期待

これぞスポーツの素晴らしさ! 浅田真央のフィギュア・スケートに感服

スポーツとは何か? と訊かれて貴方は答えられますか?〜神奈川のスポーツの発展に望むこと

東京五輪へバリアフリーの充実を!

東京五輪のゴルフ場問題 都営の若洲変更しかない

天才ラガーマン、ミスター・ラグビー平尾誠二氏の早すぎる死を悼む〜戦い続けたラグビー人生

東京五輪の真の意義を見つけ出そう!

スポーツは政治に負けた・五輪の価値考え直す時

五輪選手は平和復興の戦士

長嶋茂雄を知らない学生たち/野球を文化にするために

リオ五輪閉会式に安倍首相登場/場に相応しくない人選

高校生のための高校野球!高校生監督の実現を

君が代は国歌ではなく日の丸は国旗ではなし 森元首相はオリンピック憲章を読め!

五輪開催は経済のため?問題続発で返上論も噴出

東京五輪ゴルフ競技会場問題第2弾・霞ヶ関CCで消える億円単位の巨額血税

「賭博」は犯罪なのか?

清原を呑んだ薬物汚染/球界が講ずべき処方箋

「体育の日」が「スポーツの日」に変わる! ようやく「誤訳」が改められる

2020東京五輪ゴルフ開催コース「霞ヶ関CC決定」に“慶応人脈”の暗躍

ロシア国家ぐるみのドーピングが発覚――どうすればスポーツの世界から「ドーピング」はなくなるのか?

2020年東京オリンピック・パラリンピックを開催する“意義”を忘れはならない!

石巻に設置された旧国立競技場聖火台/格闘術が武道に進化する民主主義とスポーツの関係

スポーツ庁で日本のスポーツと社会の大変革/スポーツ庁は東京五輪最高のレガシー(遺産)となれるか?

復活できるか?ラグビー人気

スポーツと体育はまったく別物である……ということを御存知ですか?

高校野球から「軍事色」の消えるのはいつ?

新国立競技場に毎月P・マッカートニーを呼べますか?神宮外苑に戦艦大和が出現する!建設費も維持費もドンブリ勘定

2020年東京オリンピックの新種目は?野球&ソフトボールも見たいが、綱引も面白そう

日本人はスポーツを知らない。その大問題に気づかなければ……

「女性のスポーツ」を学ぼう!

東京五輪開催の目的は、スポーツ立国の実現にあるはずだが……

高校野球の本質を考えよ――タイブレークに疑問……高校生に娯楽の主役を演じさせるナンセンス

『週刊アサヒ芸能』新連載! NIPPONスポーツ内憂内患 第1回 「スポーツとは何か?」という問いに貴方は答えられますか?

スポーツとは言えない箱根駅伝に、大騒ぎするな!

高校野球問題の本質を考えよ

「朝日新聞問題」の元凶は、甲子園!?

日本のスポーツ界の発展を妨げてるのは……?

日本のスポーツ界の現状と課題

「オリンピズム(オリンピックの理念)」を理解せず、2020年を迎えられるのか?

サッカー映画『ネクスト・ゴール』の素晴らしさ〜世界最弱のサッカー・チームが「夢の1勝」をあげるまでの人間ドラマ

ドイツW杯優勝はブンデスリーガの勝利!

日本のスポーツ界はサッカーを見習え!

日本のスポーツ文化とワールドカップ

今、日本で最高のスポーツマンは、やっぱり浅田真央さんである!

新国立競技場は本当に建設できるのか?

野球が五輪競技に復活?! そのときはスピードアップの7イニング制?

2020年東京オリンピック・パラリンピック開催決定記念講座 「オリンピック」とは何か?〜その意義と意味を考える 2020東京オリンピック・パラリンピックで日本はどう変わる?

オリンピックは[スポーツ+政治」。東京五輪2020で日本はどんな政治的メッセージを発信するのか!?

体育からスポーツへの大転換の時代――スポーツ・ジャーナリズム、スポーツ・ジャーナリストに求められることは?

『NIPPONスポーツ宣言2013』への賛同署名を求めます

2020年東京五輪を開催する意義とは…?

東北楽天日本一/3・11から11・3へ/スポーツの存在理由示した

1964年東京五輪聖火台を被災地へ!

読売・朝日・毎日が支配する野球界の不可思議な構造は、いつ終わる?!

『夏の大甲子園祭』 陽気(やうき)の所為(せゐ)で神も気違(きちがひ)になる――夏目漱石『趣味の遺伝』より

2020東京五輪招致成功!それは体育からスポーツへの大転換!しかし……。

オリンピックは「外交力」の勝負!/東京五輪がどうなろうと、招致結果にとらわれず……。

オリンピックって何?――オリンピックの存在意義

プロ野球「飛ぶボール事件」の本質

新しいネット・スポーツメディア誕生!!

日本のバレーは「お家芸」だから弱体化?

猪瀬都知事「失言」後の「東京五輪招致」に必要なことは?

「長嶋茂雄ラストショー(最後の賞?)」後の日本プロ野球の未来は?

民主主義がスポーツを生んだ

スポーツは本来「暴力」とは対極にある

五輪招致の今こそスポーツ行政改革を!

柔道は日本の生んだ「反暴力」のメッセージを含むスポーツ/日本人は今こそ、スポーツ(柔道)の真の理解を!

今も体罰肯定論が横行:我が国の体育教育は異常だ

桜宮高校事件をきっかけとした新しい体育教育への提言

くたばれ!箱根駅伝!大学スポーツ否定論

2020年東京五輪で、オリンピックとパラリンピックの合体を!

60年代のスポーツ――その「光」と「陰」と…

2020年東京オリンピックは「初音ミクと團十郎」!?

左投手はなぜサウスポーと呼ばれるのか? スポーツ文化の重要性

メディアの「文化(スポーツ)支配」の危険性

共同通信社・編『心の聖地 スポーツ 闘いの記憶』岩波書店・刊(1,800円+税)

「オリンピック」って何?〜東京五輪招致にとって大切なことは…

韓国サッカー選手の「愚行=五輪政治利用行為」を、日本政府とメディアは絶対に看過するな!

ロンドン五輪「メディア革命」の行方/2020年東京招致〜私はこう考える

対談・スポーツで語る新世紀 第1回 ゲスト・猪谷千春(IOC委員)「オリンピックの描き出す人類と地球の未来」

対談・スポーツで語る新世紀 ゲスト・ェ仁親王「日本のスポーツの未来を憂える」

プロ野球人気を拡大するには…

チーム作りは誰のため?

国連スポーツ保障理事会(S保理)北朝鮮非難決議

東京マラソンで考えたこと

メディアとスポーツ 求められる批判者(ジャーナリズム)の視点

オリンピックから「世界」が見える

東京オリンピック〜戦後日本のひとつの美しい到達点

NPB(日本のプロ野球)はマイナーリーグ?

被災地に聖火を!

SPORTSその世界●近鉄バファローズ監督・西本幸雄

スポーツを知らない権力者にスポーツが支配される不幸

新潟にプロ野球新球団誕生か!?それを計画するプロ野球人は誰?

女子スポーツの発展は男子スポーツも支える

「体育」では「体づくり」だけでなく「スポーツの歴史・文化」も教えてほしい。

東京五輪招致落選。国際政治の追い風は吹かず。今後は日本のスポーツ環境を整えるべし。

「記録の神様」宇佐美哲也氏への感謝

「時代」はヒーローを産む 斎藤佑樹投手は「どんな時代」の「どんなヒーロー」か…?

何のための五輪招致か?

冬季五輪の「変貌」は、オリンピック全体の「大変化」につながるのか?

歌やスポーツとともに震災からの復興を!

「スポーツ基本法」を御存知ですか?

相撲は現代スポーツになりえない!?

震災とスポーツ

ジャーナリズムとアカデミズムの狭間で

スポーツの教科書を作りたい!

世界一お馬鹿なスポーツ 「ビアポン」を知ってますか?

「球団」と「球場」どっちが大事?

『60年代のスポーツ』――その光と影と……

1974年10月14日――長嶋茂雄がバットを置いた日

スポーツ中継・スポーツ番組作りの「プロ」になっていただくために

美しい「JUDO」が見たい!

スポーツが現代人に教えてくれること――グローバルに考えてローカルに行動

賭博は「悪」か? 「必要悪」か?

日本のサッカーの弱点は…?

人類最古の文明に生まれた人類最大の文化(フットボール)は、人類生誕の地(アフリカ)で、新たな時代を拓く

スポーツにおける日本人のオカシナ常識

「野性味」は「体育教育」から生まれない

日本サッカー青春時代の闘い

「日本のスポーツ政策」は、まだ生み出されていない

「自民党=政府」でなくなった「二大政党制」の時代に、「スポーツ政策」を構築するのは誰?

冬の五輪は「自然」との闘い

長嶋茂雄・著『野球は人生そのものだ』 不世出の野球人の述懐

貴乃花親方は理事に若すぎる?

ジャーナリズムとアカデミズムの狭間で

民主党政権で日本のスポーツは変わるか?

2016年五輪はリオに決定。東京に欠けていたものは何か?

東京五輪招致の真の敗因

「熱帯の日本」は「ウィンタースポーツ」もできる不思議な国?

2016年、東京五輪・パラリンピック招致〜玉木正之氏「東京五輪に賛成する理由」-前編-

政党マニフェストに見るスポーツ政策──「日本のスポーツ政策」は、まだ生み出されていない

開発と規制の狭間で

WBCよりも大切なこと

ON時代の真の終焉

2016年東京にオリンピックがやってくる?

2016年東京五輪開催の可能性

野茂英雄投手の功績と日本球界の課題

「いまこそタイガース・ファンを辞めるべきではないか」と悩む男の弁明

日本にスポーツジャーナリズムは存在するのか?

野茂の功績と日本球界の課題

人類は4年に一度夢を見る

水着で「言い訳」をしたのは誰?

世界史のススメ

『玉木正之のスポーツジャーナリスト養成塾』夏期集中講座

Jack & Bettyは駅の前

五輪とは死ぬことと見つけたり

セールスマンの死

日本人野球選手のMLBへの流出が止まらない理由

深い衝撃

大学はスポーツを行う場ではない。体育会系運動部は解体されるべきである。

スポーツニュースで刷り込まれる虚構 <森田浩之・著『スポーツニュースは恐い 刷り込まれる〈日本人〉』NHK出版生活人新書>

メディアのスポーツ支配にファンが叛旗

スポーツと体育は別物

岡田vs玉木 ドイツW杯特別対談第5回(最終回)「W杯守備重視の傾向は今後も続く?」

岡田vs玉木 ドイツW杯特別対談第4回 「ブラジルは何故ロナウドを使い続けた?」

岡田vs玉木 ドイツW杯特別対談第3回 「個人のサッカーの差がこんなに大きかったとは…」

岡田vs玉木 ドイツW杯特別対談第2回「世界のランクBからAへ昇るには…」

岡田vs玉木 ドイツW杯特別対談第1回「追加点を取るという国際的意識に欠けていた」

巨人の手を捻る

中日ドラゴンズ監督・落合博満の「確信」(加筆版)

300万ヒット記念特集・蔵出しの蔵出しコラム第2弾!

300万ヒット記念特集・蔵出しの蔵出しコラム第1弾!

「朝青龍問題」再考

大相撲の改革の契機に

“日本のサッカー”は“現代日本”を現す?

スポーツとは合理的なもののはずなのに……

世界陸上と日本のスポーツの未来

デデューの「復帰」に学ぶ「カムバック」に必要なもの

特待制度は「野球の問題」か?

学校はスポーツを行う場ではない!

動き出すか?球界の真の改革

東京オリンピック〜戦後日本のひとつの美しい到達点

日本スポーツ界における「室町時代」の終焉

「水泳ニッポン」は復活するのか?

スポーツはナショナリズムを超えることができるか?

「歴史の重み」による勝利は、いつまで続く?

スポーツ総合誌の相次ぐ「廃刊・休刊」に関して考えられる理由

廃刊の決まった『スポーツ・ヤァ!』をなんとか継続できないものか!?

日本の野球選手はなぜアメリカを目指すのか?

日本のプロ野球と北海道ファイターズに未来はあるか?

私の好きな「スポーツ映画」

東京・福岡「五輪招致」のナンセンス?

政治と格闘した宿命のチャンピオン〜モハメド・アリ

日本のスポーツ界は「中田の個人の意志」を前例に

「求む。新鋭ライター」〜玉木正之の「第5期スポーツ・ジャーナリスト養成塾夏期集中講座」開講のお知らせ

1個のボールが世界の人々を結ぶ

「型」のないジーコ・ジャパンは大丈夫?

社会はスポーツとともに

「日本サッカー青春時代」最後の闘い

スポーツは、学校(教育の場)で行われるべきか?

常識を貫いた男・野茂英雄(日本人ヒーロー/1995年大リーグ新人王獲得)

「玉木正之のスポーツ・ジャーナリスト養成塾第4期GW期集中講座」開講のお知らせ

最近のプロ野球は面白くなった!

人生に「アジャストメント」は可能か?

「栄光への架け橋だ!」は、五輪中継史上最高のアナウンスといえるかもしれない。

スポーツの「基本」とは「ヒーロー」になろうとすること?

2005年――「2004年の奇蹟」(選手会のスト成功)のあとに・・・

アジアシリーズ日韓決戦レポート『日本の野球はどのように進化したか?』

2005日本シリーズに見た「短い闘い」と「長い闘い」

イーグルス1年目をどう総括する?

スポーツとは経験するもの? 想像するもの?

阪神電鉄VS村上ファンド――正論はどっち?

高校野球の「教育」が「暴力」を生む

『スポーツ・ヤァ!玉木正之のスポーツ・ジャーナリスト実践塾』進塾希望者への筆記試験

ナニワの乱痴気

スポーツが開く未来社会

タイガースって、なんやねん 第10回「星野監督・阪神・プロ野球/それぞれの未来」

タイガースって、なんやねん 第9回「この先は、どんな時代になるんやねん?」

タイガースって、なんやねん 第8回「ミスター・タイガースはおらんのか?」

タイガースって、なんやねん 第7回「誰がホンマのファンやねん?」

タイガースって、なんやねん 第6回「関西は「豊か」やからアカンのか?」

タイガースって、なんやねん 第5回「星野さんは、コーチやなくて監督でっせ」

タイガースって、なんやねん 第4回「球団職員にも「プロの仕事」をさせまっせぇ」

タイガースって、なんやねん 第3回「星野監督は当たり前のことをする人なんや」

タイガースって、なんやねん 第2回「今年のトラにはGMがおりまっせ」

タイガースって、なんやねん 第1回「今年はバブルとちゃいまっせ」

「関西・甲子園・タイガース」=バラ色の未来――あるタクシードライバーの呟き

第V期スポーツジャーナリスト養成塾夏期特別集中講座・配布予定資料一覧

失われた「野球」を求めて――「楽天野球団」は「新球団」と呼べるのか?

浜スタから金網が消えた!

わたしが競馬にのめり込めない理由(わけ)

プロ野球ウルトラ記録クイズ

島田雅彦vs玉木正之 対談 『北朝鮮と闘い、何がどうなる?』

野球は、なんでこうなるの?

投手の真髄――PITCHING IN THE GROOVE

「球界第二次騒動」の行方は?

2005年日本スポーツ界展望〜「真の新時代」の到来に向けて

日本のスポーツの危機

野球は「学ぶもの」でなく、「慣れ親しむもの」

ライブドア堀江社長インタヴュー「落選から西武買収まで、すべて話します」

球団・選手「金まみれ」の甘えの構造

地域社会に根ざすスポーツ

新球団『東北楽天ゴールデンイーグルス』に望むこと

闘いはまだまだ続く

中日ドラゴンズ監督・落合博満の「確信」

奇蹟は起きた!

さようなら、背番号3

プロ野球ストライキと構造改革

「メディア規制法」とスポーツ・ジャーナリズム

黒船襲来。プロ野球維新のスタート!

パラリンピックを見よう! 日本代表選手を応援しよう!

アテネ大会でオリンピック休戦は実現するか?

「NO」といえるプロ野球

プロ野球選手が新リーグを創ってはどうか?

買収がダメなら新リーグ

「逆境こそ改革のチャンス!」

あの男にも「Xデー」は訪れる・・・

F1― それは究極の男の遊び

「戦争用語」ではなく「スポーツ用語」を

スポーツは国家のため?

阪神優勝で巨人一辺倒のプロ野球は変わりますか?

「高見」の論説に感じた居心地の悪さ

原稿でメシを食ったらアカンのか?

アメリカ・スポーツライティングの世界

<戦争とスポーツ>

長嶋野球の花道と日本球界の終焉

スポーツを知らない権力者にスポーツが支配される不幸

ニッポン・プロ野球の体質を改善する方法

草野進のプロ野球批評は何故に「革命的」なのか?

理性的佐瀬稔論

新庄剛志讃江――過剰な無意識

無精者の師匠、不肖の弟子を、不承不承語る

誰も知らないIOC

日本のスポーツ・メディア

Copyright (C) 2003-2011 tamakimasayuki.com. All Rights Reserved. Produced by 玉木正之HP制作委員会. ホームページ作成 bit.
『カメラータ・ディ・タマキ』HOMEへ戻る